« Gacktの謙信 | トップページ | 来年の「欲望と言う名の電車」 »

2006.12.02

萬斎さんの「釣狐」、朝日新聞に出た多田さんの評

3回の東京公演も前日終了した、萬斎さんの「釣狐」公演に
ついて、2日の朝日新聞夕刊(東京本社版)に高名な免疫
学者であり、また能楽に造詣の深い多田富雄さんによる
カラー写真入りの評が出ました。

一言で言えば「絶賛」でした。

私は今回の萬斎さんのしか「釣狐」を見ていないので、
その技巧などについて「凄い」とか感想は言えても、客観的に
見てどうなのかと言うのは正直比較の対象がないので判ら
なかったのですが、どうやら多田さんの文章を読む限り、
見巧者の目にも大変充実し、収穫があった公演だったようです。

1日の、「狐」役者・万作さんを猟師に迎えての緊迫感
溢れる「釣狐」公演の私の感想は別項にて。

|

« Gacktの謙信 | トップページ | 来年の「欲望と言う名の電車」 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Gacktの謙信 | トップページ | 来年の「欲望と言う名の電車」 »