« 「新春名作狂言の会」を観る | トップページ | 新国立劇場来シーズンラインアップ »

2007.01.27

「国立能楽堂 狂言の会」を観る

狂言ばかり3曲の会。
しかし私は運が悪かったのでしょうか?
とにかく周辺環境が激しく悪く、おちついて舞台に
集中できず。こういうのは年に一度くらいはあるのですが
今回はこの日でした。

動かすたびに大きな音のするビニール袋を後方で
ごそごそ言い、横には開幕してもかまわず私語を続ける
声が聞こえ、さらになんと後半飽きたのか貧乏ゆすりも追加。
前方には、いくらなんでもそこまで爆発的にしなくても
思うほど爆竹的に笑う声が聞こえてきて、こうなると自分も
笑っているのに引いてしまうものです。

そして何より今回は能楽堂デビューの人が凄く多かったと
思いたいのですが、休憩時間には、あちこちで見所で
平気でサンドイッチやお菓子を食べ始める人が散見。
それは誰でも最初というものはありますが、アナウンスも
しているのですからその辺は係員も容赦なく注意すべき。

さてやっと本題。

『鍋八撥』
新宿狂言で拝見したばかりの千作さんを間1日でまた拝見することに。
ご高齢に関わらず精力的な活動ですね。
曲全体としては万作家のに慣れている身にはちょっと誇張が目立つ
演者が多くて違う曲のようでした。

休憩を挟んで『柑子』
善竹家の狂言は多分2回目かそれくらいだと思います。
万作さんの太郎冠者で見ることがほとんどのこの曲、
わずか10分足らずの曲なのに、それでも流派や家で
伝わったものが違うようで、この日のものは、最初に
主が何を太郎冠者に預けたか忘れてしまっていたり、
さらに太郎冠者が「食べてしまった」と見所にネタばらしを
しているという設定でした。
でも笑いどころは一緒で、相当笑えました。

最後は万作さんが太郎冠者の『鬮罪人』
前に萬斎さんの太郎冠者、石田さんの主というのは見たことが
ありますが、萬斎さんがこの怖い主をやるのを見るのは
はじめてかも。
なにより万作さんの軽やかな動きにびっくりでした。
自分が鬼役になったとわかるや、舞台中央に私が!!
と出てくるところは、飛び上がって正座の形に舞台に
座るという、膝に相当負担のありそうなのを見事に
見せてくださったのには驚きました。
萬斎さんの主も徐々に叱りがエスカレートするのが面白く
はっきり表情が見える席ではなかったのですが、
それでも「・・・・ったく!!」という感じが全身から感じ
られました。
この日は万之介さんもお元気に参加、太郎冠者をかばう
町内のご意見番風役を演じていらっしゃいましたし、
石田さん以下、レギュラーメンバー?ほぼ全員が登場して
迫力の舞台でした。

|

« 「新春名作狂言の会」を観る | トップページ | 新国立劇場来シーズンラインアップ »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこさま
昨日も書きましたが、狂言の会の見所に対する感想も、内容の乾燥も、ピッタシ!!
特に見所では、(私は、珍しく奮発して、正面席でした)始まろうというのに、ずっとお喋り(それも、どこそかの大学がどうのこうのと、全く関係のない話)しているキラキラおばさんのはもう閉口しました。こういう人達って、見られても意に介さないというか、却って目立つ事が嬉しいんじゃないかなって思えるくらいの厚顔無恥ぶりに、もう参りました。
正面席だけあって、険しくなって行く萬斎さんの表情も、万作さんの、正中で跳びあがって膝折で座るのもよく見えて、感激でした。高かったけど、まぁいいか、と、帰りの雨にもめげずにニコニコと帰りました。1月の萬斎さんは、これで3回だすが、もう終了。来月からは、余り機会がないんですよねぇ。
次は歌舞伎に行きましょう。
マスミ

投稿: マスミ | 2007.01.27 11:10

マスミさま
感想ありがとうございます
今回の曲は正面から見るべきでした。ほぼずっと
萬斎さんの背中を見て表情を想像していました(-_-;)
にしても怖い主っていうとこれまで石田さんの専売特許?
かと思っていたのですが、そういう役が萬斎さんも似合う
ようになったんだなあと、変な感慨を持ってしまいました(^^)

投稿: かのこ | 2007.01.28 08:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「新春名作狂言の会」を観る | トップページ | 新国立劇場来シーズンラインアップ »