« ごあいさつ | トップページ | 新聞の演劇関連記事と情報 »

2007.01.01

狂言関連情報。

あけましておめでとうございます。

なんだか↓のエントリーの次にこうい挨拶を続けざまに書くのは
どうも妙な感じですね。

ともあれ、今年の最初のエントリーは、狂言関連の情報あれこれ。

※万作師、朝日賞を受賞
※万作師インタビュー、「サライ」誌に掲載中
※讀賣新聞1/1(別刷)に茂山家インタビュー掲載

※万作師、朝日賞を受賞

  万作師が2006年度の朝日賞を受賞されたと
  1日付けの朝日新聞に万作師のプロフィールと 
  インタビューと共に掲載されていました。
  受賞理由は「長年にわたる狂言の優れた上演と
  幅広い舞台芸術への貢献」
  インタビューでは「父(六世万蔵)が朝日賞を受賞
  して、ほしいと思っていた」とおっしゃっています。
  
※万作師インタビュー「サライ」誌に掲載中
  
  発売中の「サライ」(1/4号:小学館刊。巻頭特集
  百人一首)に5ページにわたって万作さんの
  インタビューが掲載されています。
  こちらで一番注目したのは「釣狐」について。
  「やりたい気持ちがあるが、それ以上はいえない」
  とかなり慎重に言葉を選んでおっしゃっていることです。
  何より今年から始まるシリーズ「狂言十八選」の中に
  ちゃんと「釣狐」はラインナップされているので、できれば
  万作師がとり憑かれたという、「釣狐」をぜひ一度は
  生で拝見してみたいと思いますが、どうなのでしょう?

※讀賣新聞1/1(別刷)に茂山家インタビュー掲載

  こちらは茂山家のインタビュー。かなり本格的?で
  千作師、千之丞師、千五郎師の3人が登場しています。
  (一族の系図と簡単なプロフィール付き)
  上記の二つの万作師のインタビューと読み比べて見ると
  色々と違いがわかります。

|

« ごあいさつ | トップページ | 新聞の演劇関連記事と情報 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこ様
あけましておめでとうございます_(._.)_
2007年も、かのこ様の辛口劇評を楽しみにして
おりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: emi | 2007.01.01 23:39

emiさま
あけましておめでとうございます。
こちらこそ今年も情報や感想お待ちしております。

私もできれば辛口劇評ばかりなんて書きたく
ないので、もっともっと芝居を理解する力を
アップさせなければと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

投稿: かのこ | 2007.01.02 10:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ごあいさつ | トップページ | 新聞の演劇関連記事と情報 »