« ダニエル・クレイグ旧作を相変わらず見まくっています | トップページ | 「国立能楽堂 狂言の会」を観る »

2007.01.25

「新春名作狂言の会」を観る

今年4回目の狂言鑑賞ですが、それでもう「二人袴」が
2回目、というのはちょっと稀なことでは?
しかもプログラムを見たらなんと、萬斎さんが聟で、万作さんが
親!!
去年には親役デビューもした萬斎さんなので、もう聟は見られない
と思っていたので、うれしいやら、まだやるんだ~とびっくり
するやら。

実はこの会は茂山家との共同公演で、演目前に千三郎さんと
萬斎さんのトーク(かけあい漫才?+二人の舞競演)というのが
定番かつ名物になっていて、私も楽しみにしていたのですが
今回は仕事のせいで、駅から走りに走りましたが着いたら
ちょうど茂山家の「素襖落」が始まったところで、トークを聞き
(見)逃しました。

「二人袴」は大蔵流と和泉流で設定が違ったり(大蔵流は
ついて来るのは親でなくて兄)するところがあるので、そのへんの
話が聞けるのでは?と思っていたので本当に残念。

「素襖落」はもう仙人の域か?の千作さんが太郎冠者。
数年前に三鷹の同様の茂山家+万作家の公演の時にも
見たかも知れないのですが、いやもう年齢とか完全に
超越した千作さんの一挙手一投足をただただ拝見しました。
そういえば、久しぶりに拝見した千三郎さん、ちょっと
顔や腰周りがふっくらされましたか??

休憩20分とあるのが15分になぜか短縮されて「二人袴」
萬斎さんの聟はちりめんのような感じのする淡い朱と白の
段熨斗目、万作さんのは、灰と黒と白の縮羅江戸段熨斗目。
袴は青。
舅は石田さん、太郎冠者に深田さんという鉄壁の布陣(笑)

久しぶりの萬斎さんの聟はとにかく動きにキレがあって
角角曲がるあのしぐさはもちろん、エプロン袴になって
後ろを見られないように回る時の足の運びが異常にまるで
ゼンマイ仕掛けのように速くて(後輩?高野さんとも、もちろん
竹山くんとも、遼太くんともレベルが違う驚異的回転数!)
びっくりしました。
最初に袴をつけた時にけっ躓くというのもあそこまではっきり
やるのは珍しいですね。

でも小舞で「花の袖」に先日裕基くんもやっていた「七つ子」
が出てきましたが、これが当然のことながらとても大人の
揃った美しい小舞で、いや、贅沢な観劇でした。
(これで3500円!新宿区、本当に太っ腹です)

|

« ダニエル・クレイグ旧作を相変わらず見まくっています | トップページ | 「国立能楽堂 狂言の会」を観る »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダニエル・クレイグ旧作を相変わらず見まくっています | トップページ | 「国立能楽堂 狂言の会」を観る »