« 白井晃演出「三文オペラ」 | トップページ | 「薮原検校」本チラシ »

2007.02.21

演劇関係新聞記事あれこれ

先日シアターガイドオンラインサイトに写真入りで記事が出ました
ので、ご覧になった方も多いと思いますが21日付日本経済新聞
(東京本社版)夕刊最終面に萬斎さんの顔写真入りで、小さいながら
萬斎さんが次の5年も世田谷パブリックシアター芸術監督に記事が
出ています。

また朝日新聞夕刊には「ヒステリア」(シアタートラム)劇評、
讀賣新聞夕刊には「ひばり」(シアターコクーン)劇評、それから
朝日朝刊には、三谷さんの「笑いの大学」イギリス公演の記事が
出ていました。

「笑いの大学」は設定も日本のまま、なんて記事を前に読んで
(三谷さんの朝日朝刊エッセイだったか別のインタビュー記事
だったか?)、いよいよ「黒毛物(ちょっと古いけど赤毛物=
日本での翻訳劇の古い言い方の逆)」か〜と思っていたのですが、
記事を読む限りは舞台はやはりイギリスに置き換えられていたようです。
(私の勘違い?)

また「ヒステリア」はちょうど観てきたところ。

これを前宣伝通り喜劇と言えるのかとか色々考えさせられましたし、
何よりラスト近く、久しぶりに舞台の視覚的効果に感情を強く揺す
ぶられた芝居でした。
(詳細は別項立てます)

この日はポストトークもあり、舞台のある仕掛けに関して、演出兼の
白井晃さんがひょっとして出だしで客を驚かせ一気に舞台空間に
引きずり込むのをほぼ定石とされている某有名演出家(笑)を意識して
ましたか?(思い過ごし?)みたいな発言をされていて、それも含めて
私にはかなり印象的な舞台でした。

|

« 白井晃演出「三文オペラ」 | トップページ | 「薮原検校」本チラシ »

能&狂言」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

蜷川さんの舞台関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白井晃演出「三文オペラ」 | トップページ | 「薮原検校」本チラシ »