« 「四月大歌舞伎」(夜の部)を観る | トップページ | 「翁・三番叟」を観る »

2007.04.08

「翁・三番叟」を観る(2回目)

今回は仕事の都合で、萬斎さんの三番叟は見ることが
できず、万作さんの三番叟をシテ違いで2回見ることに
なりましたが、なんと動きが前回と全く違っていてびっくり
しました。

日曜日ということもあって、見所に着物姿が目立ちはなやかでした。

今回のシテは観世榮夫さん。
千歳は梅若紀長、面箱は深田さん。
小鼓頭取・大倉源次郎さん、大鼓・亀井広忠さん、笛・
一噌幸弘さんのトリオは変わらず。

まずその「翁・三番叟」
観世さんは足をずいぶんとお悪くされているのか、座った状態から
立ち上がるのも、最後は後見の補助を受けられていたのですが、
動き自体は無駄がなく、美しかったです
そして上にも書いたとおり、万作さんの三番叟には驚きました。
前回は、実は揉みの段で、かなり左の橋掛に入って踏んでいらした
ので、今回は能舞台とは言え、ちょっと橋掛が三本ある、世田谷
パブリックシアターバージョンなので動きをそのように決められたの
かしらと思ったのですが、なんと今回は全く橋掛に出ないで本舞台で
踏んでいらしたので、たった2回、間一日おいただけのものでも
いろいろと試行錯誤されてより良い方法を考えられたのかなと
感じました。

なによりも、万作さんにものすごくパワーが漲っていて、正直前回より
ぐっと切れ味もあり、声も張っていて、勢いを感じました。

それにしても翁が中央から面箱前に歩む、緊張に満ちたところで、
なんと1階客席から着メロがピロリンピロリン・・・・・なんてこと!!!
さらにラストのラスト近くで今度は3階席からものすごいバイブレーション
の音が・・・
この劇場って、携帯電話の電波抑制装置使ってなかったでしたっけ???
全く能狂言をしようっていう劇場なのだから、絶対携帯を鳴らさない
ように客がしてくれないんですから(マナーなんて期待できず)、劇場が
遮断するしかないですよねえ・・・

そして「靭猿」
緊張の塊の「翁」の後でほっとするにはもってこいの演目。
特に去年末あたり休演が数回あった万之介さんが、本当にお元気に
なられて、声を張り、緩急自在に大名を演じていらしたのが印象的でした。

|

« 「四月大歌舞伎」(夜の部)を観る | トップページ | 「翁・三番叟」を観る »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「四月大歌舞伎」(夜の部)を観る | トップページ | 「翁・三番叟」を観る »