« 「MA(マリー・アントワネット)」を観る | トップページ | 能楽堂で結婚式 »

2007.04.17

「花の乱」もいよいよ終盤。

時代劇専門チャンネルで再放送中の大河ドラマ「花の乱」もいよいよ終盤。

とにかく主役(団十郎と三田佳子)を完全に食いまくった、萬屋錦之助
演じる山名宗全が死去、萬斎さん演じる細川勝元が出家して先週
放送分で揃って姿を消してしまい、あと10回を残してまるで消化試合の
雰囲気でしたが(萬斎さんが出演してないから私がそう思うだけ?)、
今日放送分に三田さん演じる日野富子の息子の足利義尚役で、松岡
昌宏くんが登場していてびっくりしました。

放送当時は全く評価されなかったそうですが、確かに日曜夜に見るには
陰謀話ばかりで時代劇らしくなく陰気なドラマですが、今見ると、たとえば
先月放送された「ハゲタカ」に似ているかもと思いました。
つまり、頭脳戦によって敵の敵と結んだりあるいは民衆の力を利用したり
しての覇権の奪い合いというのが、実に面白く見えます。

どうやってラストを迎えるのか分りませんが、ともかくあと8回まで
きていますが、私は全然飽きずに見ています。

|

« 「MA(マリー・アントワネット)」を観る | トップページ | 能楽堂で結婚式 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「MA(マリー・アントワネット)」を観る | トップページ | 能楽堂で結婚式 »