« 「翁・三番叟」を観る(2回目) | トップページ | 江守さんと村井さん »

2007.04.08

「翁・三番叟」を観る

10周年記念の世田谷パブリックシアター記念公演。

まず「翁・三番叟」
今回は万作さん萬斎さんが交互で「三番叟」を演じられるのですが
私は今回は万作さんののみ拝見となりました。
この日のシテは梅若六郎さん。
千歳は梅若慎太郎さん、面箱は高野さん。
囃子方は小鼓頭取・大倉源次郎さん、大鼓・亀井広忠さん、笛・一噌幸弘さんの
トリオ。
例の世田谷パブリックシアターバージョン能舞台なので、翁、三番叟、面箱は
正面から、囃子方や地謡は左右の橋掛から登場しました。

六郎さんの翁はゆったりとしながら美しいかったですが、やはり面白く
感じたのは「三番叟」でした。
万作さんのものは、萬斎さんのと比べるとメリハリというよりも、全体に
均等に美しいものでした。ただし、揉みの段で、かなり何度も深く左の橋掛に
入って踏んでいらしたのでちょっとびっくりしました。
そして途中面箱と話すところのセリフが今回は4回上演すべて違う内容に
なっているそうで(いつも聞くのとは違う)、この日は烏帽子の種類の話が
出てきました。
すべて終わって入っていくことろ、正面の暗闇に入っていくので、まるで
なにか神のような存在が、舞いを舞って消えていくように見えました。
緊張感の中にすがすがしさとか美しさが漂う美しい舞台でした。
特に今回は上から見下ろす席だったので、全体の動きというか、フォーメー
ションが見えたのと、面箱の中身と入れ方が見えたのが面白かったです。
しかし、広忠さん、気合入っていましたねえ・・・・

そして「靭猿」
裕基くん、すっかり大きくなっていました。
大名へのお礼のところとか、動きが丁寧になっていましたし。
猿曳の萬斎さんもずいぶん余裕が出てきましたね。
裕基くんの初舞台の頃は、大名から下されたものを貰っても手にする
事もせず、挨拶を軽くしただけで謡のほうに集中していましたが、最近は
刀とかを手にとって挨拶し、下に置くようになっています。
大名の万之介さんもとてもお元気に演じられていてよかったです。


☆うっかり2回目を先にアップしてしまいました。

|

« 「翁・三番叟」を観る(2回目) | トップページ | 江守さんと村井さん »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこさま

7日の「子宝」にいってまいりました。日替わりメニューの詞章部分はまさに子宝自慢、女の子5人と男の子5人、あわせて10人分の子供の名前でございました。

投稿: 松風 | 2007.04.11 00:38

松風さま
情報ありがとうございました。
この部分にいろいろなバージョンがあるとは
今回初めて知りました。

投稿: かのこ | 2007.04.12 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「翁・三番叟」を観る(2回目) | トップページ | 江守さんと村井さん »