« 「藪原検校」を観る(2回目) | トップページ | 書籍、DVD、CD発売日一覧 »

2007.05.20

「能楽現在形 劇場版@世田谷 『鐡輪』」を観る(2回目)

2日目は喜多流の狩野了一さんを「鐡輪」のシテにお迎えしての
公演。
先日の宝生での公演のパンフレットで萬斎さんが予告していた通り
英語字幕が付きました。
ポストトークでのお話によると、今回独自のものを作ったのではなくて
どうやら国立能楽堂の字幕システムのものを拝借されたとのこと
(だから入口で配るリーフレット、チラシの束に「国立能楽堂変わる」
というチラシがあったんですね)
今回見所が暗いので正直地謡の言葉が全然わからなかったので
逆に英語字幕がすごく参考になりましたが、「祈祷」やら「恨む」とか
「鬼」やらとなかなかまがまがしい言葉の数々が英語になっていたのが
なんだかおもしろかったですねえ。
なにしろ「鐡輪」が「The Iron Crown」ですものね

今回のワキ(晴明)は宝生欣哉さん。前回は緑の鮮やかな狩衣に
指貫(たぶん)だったのが、今回は上下とも白(下は半切)で中に
銀糸をたっぷり使ったゴージャスな厚板で、ちょっと映画の「陰陽師」
風でした
そして今回は雷鳴や稲妻の効果音もライティングもなかったかわりに
晴明の術のために女が身動きがとれなくなった時に、舞台に晴明の
シンボルマークである五芒星が二重の円に囲まれた形で照射された
ので、「お、さすが『陰陽師』の安倍晴明だわ」と思ってしまいましたが
あれって1階席の人には見えづらかったでしょうね

喜多流ということで、地謡が非常に明瞭でしたし、シテも低い声が
とても魅力的で(考えてみると女性の役で低い声が魅力的というのも
不思議だったりするわけですが)、前回の宝生流との違いもあって
面白く拝見しました
(アイとシテのやりとりのときの位置関係も違っていましたね)

ポストトークはまず萬斎さんだけが登場、前回はなかったですが、
特殊な舞台構造の説明などをされて、次に広忠さん、幸弘さん
、最後に狩野さんが加わってとなりましたが、前回は3人黒の服で
統一していたのが、今回は萬斎さんもベージュ基調の上下、
広忠さんは白のジャケットにジーンズ、幸弘さんは前回の「足首」を
気にされたようでずいぶん長めの黒のパンツ姿で登場でした。
(狩野さんは紋付きに袴姿)
今回もやれ「かまきり」だ、「ジープ」だと脱線方向に行く幸弘さんの
爆笑トークを広忠さんと萬斎さんがやりすごしながら押しとどめつつ
進行という感じでしたが、全体としてはやはり舞台構造が能舞台と
違うというのがどう影響しているか、という話が中心でした。

今回も開演から2時間15分という予定が延々とのび、トークスタートが
20:15、30分の予定がやっぱりのびて劇場を出たのは21時でした。

|

« 「藪原検校」を観る(2回目) | トップページ | 書籍、DVD、CD発売日一覧 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

1階席、後方で見ていました。

>五芒星が二重の円に囲まれた形で照射

かのこさんの記事を拝見するまで存じませんでした。。。
確かに光が当たっていたような気はしたのですが。。。
見落として悔しい。。。

投稿: あい♪ | 2007.05.20 19:33

あい♪さま
そうでしたか、やっぱり1階後方でも見づらかった
んですね・・・普通の舞台のように手前の低い
いわゆる「八百屋」状態だったら見えたかも
しれませんが、能舞台ではステージへの照射は
2階席以上向けのサービスでしょうか(^.^)

投稿: かのこ | 2007.05.20 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「藪原検校」を観る(2回目) | トップページ | 書籍、DVD、CD発売日一覧 »