« 「ベガーズ・オペラ」来春再演決定 | トップページ | 「政頼」「頼政」、そして「通円」。勉強不足を痛感中。 »

2007.05.29

狂言「政頼(×頼政)」歌舞伎化で上演

★ちゃんと新聞をもう一度読み、「狂言ハンドブック」で確認
 したら、狂言の題の方をきっちり文字上下逆に書いていました
 ・・・というか、今のいままで完全に勘違いしていたのでした
(タイトル間違えるとは、狂言もブログのも全くみっともない
 限りです)
  
29日の産経新聞に、6月の歌舞伎座に、狂言「政頼(セイライ)」を元に
した「閻魔と政頼」と言う演目がかかるということで、吉右衛門さんの
インタビューが出ていました。

「茶壷」「身替座禅」「棒縛」など、狂言を歌舞伎舞踊に仕立てた
演目はたくさんありますが、いわゆる一幕ものの芝居の元ネタに
狂言が取り上げられるのは珍しいとの事。
元の狂言と比較して見てみたい気分にはなります。
演じるのが吉右衛門さんとなればなおさらです。

『六月大歌舞伎』(6/2~26) 歌舞伎座
「閻魔と政頼」は昼の部。

 鷹匠政頼  吉右衛門
 赤鬼     歌六
 青鬼     歌昇
 閻魔大王  富十郎

 なんだか鬼の数が多いですね・・
詳細は松竹サイトへ。


 

|

« 「ベガーズ・オペラ」来春再演決定 | トップページ | 「政頼」「頼政」、そして「通円」。勉強不足を痛感中。 »

能&狂言」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ベガーズ・オペラ」来春再演決定 | トップページ | 「政頼」「頼政」、そして「通円」。勉強不足を痛感中。 »