« 「若冲展〜釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会」の衝撃 | トップページ | トノサマ登場(その1 NHK編) »

2007.05.27

京都(ミーハー)散策。

↓に書いた通り、久しぶりに観光目的だけで京都に行ったので、
ついでに「京都名所」見物。

と言ってもミーハーですから、まずは「若冲展」会場の相国寺承天閣
美術館から徒歩圏内の晴明神社へ。

Seimeisha

Seimeisha1

Seimeisha0

「陰陽師」公開の頃に一度来た事がありますが、随分綺麗になって
いたのはやはり映画や漫画の影響(ご利益)?でしょうか。
修学旅行の人気ポイントらしく、たくさんの学生さんに出会いました。
※写真の五芒星型のは「晴明井」となずけられた井戸のデザインです。

次は先日の「解体新書」で空間の間の例で引き合いに出されていた
石庭を拝見に龍安寺へ。
勿論こちらも足利義政期に管領をつとめた細川勝元が作った寺ですから
私のミーハー心は丸見えですね。
Ryoanji

Ryoanji0

Ryoanji2

Ryonaji1

こちらも多分伺うのは大学時代以来の筈なので、あたりの様子はすっかり
忘れていましたが、やはりここに来ると誰もが見える石の数を数えるから
面白いものです。
最後はこちらも気になっていた、京都歴史博物館の「丸紅コレクション展」へ。

ボッティチェリの「美しきシモネッタ」と「淀君発注の辻が花裂」が
目玉と言うのもなかなか珍しい組み合わせですが、特に後者は丸紅の
創業事業と深く関わっていて、特に明治期に新しい着物のデザインをと
立ち上げたプロジェクト「あかね会」に、日本の名だたる画家(日本画、
洋画)、そして図案家たちが丸紅のためにと提供したデザインの
原画が多数出展されていたのには驚きました。
以下展示されていた主な画家の名前です。
竹内栖鳳、伊東深水、東郷青児、藤島武二、朝倉文夫、山口蓬春、
川端龍子、北村西望、福田平八郎、菊池契月、堂本印象。

「シモネッタ」の方はテンペラ、そして500年も経っているとは思えない
鮮やかな色彩と綿密なデッサンが目を引きましたが、洋服の皺などに
比べて髪の毛の描き方が意外にあっさり(と言うかベタ)でした。
「淀君発注」の辻が花は退色は否めないですが、斬新なデザインで、
同じ手法で同じ柄で再現された着物は、大正〜昭和初期のモダンな
感覚に共通するものを感じました。

そしてタイムリーだったのは、ちりめんに友禅染で作られた、屏風。
なんと図案のオリジナルは見ていたばかりの若冲の「動植綵絵」の
「群鶏図」。どの足がどの鶏のか判らないような混みいった「群鶏図」を
よくもまあ友禅染などにしたものと思う精緻さでした。

なかなか衣装関係はまとまった展示を見る機会がないのでこれも
有意義な展覧会でした

|

« 「若冲展〜釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会」の衝撃 | トップページ | トノサマ登場(その1 NHK編) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「若冲展〜釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会」の衝撃 | トップページ | トノサマ登場(その1 NHK編) »