« 「氷屋来たる」を観る | トップページ | 大丈夫か「三軒茶屋TSUTAYA」(笑) »

2007.06.23

「国盗人」プレビュー初日を観る

↓を見ればプレビュー初日を見に行ったなんてことは
はっきりしているわけですが、まあプレビューですので、本公演開幕
までにいろいろ変更(改善というのだろうか、やっぱり)が加えられる
ことになると思うので、ここであれこれ欠点をあげつらうというのも
大人げないし、せっかくの萬斎さんの久しぶりの「狂言以外の芝居」に
水を差すことになるのでやめておきますが。

ま、でもまだ問題山積かな(激辛評)

特に1幕の冗長さと、芝居に会わない衣装。
そして・・・

<以下超激辛です、ご注意ください>

衣装は特に白石さんが大変です。
うっとうしそうな眼の前の、蚊が飛んでいるような飾り物とか、本当に
必要なんでしょうか。
(あ、ご本人が客席にいらしてましたっけ)
某世界的カタカナ表記の衣装デザイナーの方がスタッフにかかわった
芝居は要注意と毎度思うのですが、どうも衣装は衣装であって、舞台の
役者の動きを妨げるようなものでは困るんではなかろうかと。
なにもあそこまで奇を衒う必要もなさそうですし、何しろ迫力ある白石
さんにあんな衣装着せなくても(最初のワンピースが出てきたときは
あのセンスならいけると思ったんですけどね)、なのに逆に、4役演じる
白石さんの役がらをきっちり衣装でビジュアル的にわからせる助けに
全くなっていないっていうのもどうなのかと。

そう、つまりやたらたくさん登場人物はいるので役者が何役もやるのに
衣装が全然違って見えないので本当に役が変わったかわからん、っていう
のは衣装の意味があるのかと。

全体に人間関係がやっかいなので、説明に時間を費やすはめになった
一幕のはこびが問題でした。
冒頭に、リチャード側(面倒くさいのでこの辺は原作の役名で行きます)
ランカスター一族を圧倒したという部分で、あっさり人が倒されるのですが
それを演じているのが今井さんだったりするので、びっくり、もうクラレンスが
殺されたのかとびっくりしたので、あの辺は人を使わないほうが・・とか。

また悪三郎(=リチャード三世:萬斎さん)が杏(=アン:白石さん)を
くどく場面は、あれはストレートにやったってあまりうまくいかない部分なので
無理やりやらなくてもよかったのでは?
この辺の喜劇的なところと悲劇的なところのかねあいについては河合先生の
本によるとこも多そうですが、処理が難しいですよねえ・・・
2幕に入ったあたり、客席を上手く使うし、やっとリチャードが王になるという
あたりはいや喜劇だなこりゃあというくらい弾けた演出で、これだったら
面白いかもと思ったのですが、肝心の亡霊に悩まされる終盤に
もう一はじけなかったのがちょっと残念かな。

なによりやっぱりまだ現代劇の役者さん、狂言の役者さんそれぞれが
まだセリフの調子がかみ合っていない感じ。今井さん大森さんの組み合わせ
萬斎さん、石田さん(名演!!)、月崎さんの「彦市はなし」トリオの
組み合わせだと面白いのでなおさら。
ま、そして最大の問題はやっぱり「ハムレット」時も感じていた、萬斎さんの
発声か。
劇的な節回しの時がやっぱりそっくりだし、絞り出すような発声はきつい
気がします。ラストの今井さんのすっきりした感じと対比されるとそこが
やっぱりね、という感じが否めません。
感情を爆発させる時の声の使い方がどうしても難しそう。

舞台を焼け落ちた能舞台に設定、最初と最後に白石さんのモノローグを
はさむスタイルは美しいだけに、もう一工夫、二工夫必要かな。

でもなんだかんだ言っても楽しめちゃったんですから、ファンって本当に
贔屓だなあ(笑)

そうそうロビーにシェイクスピア関連の舞台のポスターが掲出してあり
ましたが2階正面に鋼太郎さんが「リチャⅢ」をやった時のものを発見。
今にしてみると見たかった・・


|

« 「氷屋来たる」を観る | トップページ | 大丈夫か「三軒茶屋TSUTAYA」(笑) »

能&狂言」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこさま

初日を見ての感想がほとんど同じだったので、なんだか安心してしまいました。これからに期待でございます。

投稿: 松風 | 2007.06.23 15:50

松風さま
松風さまのページのも拝見しましたら、本当に
指摘するポイントが近くて苦笑しちゃいました。
期待っていうか、頼むよ~チケット持ってるんだから
って感じなんですけどね(-_-メ)

投稿: かのこ | 2007.06.23 22:33

はじめまして。「国盗人」検索できたので他の日の事は一切読んでおりませんので、この日のことに限りの感想です。
あなたのHPであなたの個人的感想でしょうが、誰にも目に触れる所でこの書き様は誤解のもとかと。
舞台の好き嫌いを書くのは自由だと思いますが、「欠点」ですか?
正しいか、間違っているかを言ってるようですね。
あなたの思いが正しくて他の見方が間違ってるかのように感じられます。
舞台を見ればいろんな感じ方が有る事は御分かりだと思いますが、多数派が正解と言う物でも有りません。
なるほど、こう表現してきたか!と観ることも出来ます。
自分ならこうしたいというならそれも良いですが、具体性に欠けると幼稚な悪口の様にも感じられます。
欠点と決めつけるのは読んでいて不快に思える人も居たと思ってください。
舞台は生物です。舞台を創る方も生きてますが、見る方も生きています。
舞台の所為も有り見るほうの所為で変わるものです。

同じ考えの仲良し仲間が集まる所かもしれませんので場違いなのでしょう。
失礼しました。

投稿: こうのすけ | 2007.06.27 14:37

こうのすけさま
コメントありがとうございます。
おそらくこうのすけさまも舞台について強い思いをお持ちで
こうしたご意見を書き込んでくださったのだと
強く感じました。

ただ、ご意見についてどうコメントするのがこうのすけ
さんにとって納得いただけるものなのか分りませんが、
少なくとも私は(さかのぼって読んでいただければ
わかりますが)ずいぶん長いこと萬斎さんの舞台を拝見
しています。
ま、かなりしっかりのファン(ひいき)だと自分では
思っています。
そしてファンだからこそ、こういう舞台だったらなあとか
萬斎さんのこういう舞台を見たいなあという思いが強い
ので、時にはこういう辛口評になることもありますし、
これとは逆に贔屓の引き倒しっていうのもたくさん
書いています。ただ、ひたすら「あばたもえくぼ」的な
ものとは違う路線を行っているのがこのブログの特徴かも
しれません。

この舞台についても、色々と期待していることもあったので、
(シェイクスピア好きでもあるので)そのあたりの思い入れが
あるからこそという、ファン心理に基づいたために、こういう
文章になったのであって、キャストスタッフに全く思い入れなく、
偶然一回だけ舞台を見て辛口評を書き捨てているというのとは
まるで意味合いが違うという事だけはご理解頂ければ幸いです。

貴重なご意見、本当にありがとうございました。

投稿: かのこ | 2007.06.27 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「氷屋来たる」を観る | トップページ | 大丈夫か「三軒茶屋TSUTAYA」(笑) »