« 似た物シリーズ?二つの「バイアウト」 | トップページ | 3つの演劇関係記事 »

2007.06.03

やっぱり気になる漢字の使い方。

漢字の使い方をそんなグチグチ気にする方ではないつもりですが、
最初に読んだ時に全く違う事をイメージしてしまう使い方はやはり
気はなります。

最近見たのでは整体院の貼り紙の
 「患者の皆様が痛みから開放され」と、ある焼きたてパンを売り物にするカフェの自宅でのパンのおいしい
温め方のチラシの
 「(温めている間は)オーブンから放れない」の二つ。

前者は痛みを持った患者は牢かどこかに閉じ込められていたみたいな
感じかして大爆笑(私のイメージでは「解放され」)、後者も偶然同じ
「放」がらみなんですが、「水に放す」とかの感じから
「熱くなってもオーブンを手から放り出さない」っていう感じがして
そりゃ危険だろう~とか思ってしまったんですね。

<「靱」「靫」>エントリーでIwademoさまから「見慣れているのを使うのが
自然」というようなコメントをいただきましたが、漢字をどう感じるかという
のは、なかなか難しいですね。


|

« 似た物シリーズ?二つの「バイアウト」 | トップページ | 3つの演劇関係記事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 似た物シリーズ?二つの「バイアウト」 | トップページ | 3つの演劇関係記事 »