« 【情報】「ホリデーにっぽん」放送日変更。 | トップページ | 映画「リチャード三世」&「殺人狂時代」 »

2007.07.16

07年上半期の舞台ベスト10

今年は前半だけでも結構色々なジャンルの舞台が見られた
ので、ベスト10をちょっと考えてみたのですが、なかなか
悩みました。
ベスト5は選ぶのは楽なのに、10となるとあれこれあって
という感じなんですね。

とりあえずこんな感じです。
(1)「THE BEE」(日本版) シアタートラム
 とにかく短時間であれだけ濃密な舞台は私には衝撃でした。
 特に年齢を言ってはなんですが、50歳超えての野田さんの
 身体能力には驚くばかり。相性悪いと思っていた野田さん
 舞台で初めてストレートに構造としての面白さを感じました。

(2)「国盗人」 世田谷パブリックシアター
 さんざん悪口並べておいて~と思われそうですが、やっぱり
 そこはファンの贔屓。たぶんこの先1-2年はこの手の大プロジェクトは 
 ないでしょうし。個人的には演出家としての萬斎さんと、異質と
 思っていた今井さんが同じ舞台に出ていた事一つでも意義の
 大きな舞台でした。
 ま、いつかは「ハムレット」演出っておっしゃってましたが、もう
 ひとつ二つ喜劇やってからの方が良い気もしますけど(暴言)

(3)世田谷パブリックシアター10周年記念の「翁」連続公演
 +「能楽現在形」3公演
 同じ演目を違う演者で続けてみるという貴重な体験でした。
 そして「翁」では、観世榮夫さんを拝見できた事で印象に残りました。

(4)「恋の骨折り損」 彩の国さいたま芸術劇場
 正直、今年前半の蜷川さん舞台は、数は多かったですが、個人的
 には「あたり」は少なくて、出来としては松さんの熱演による
 「ひばり」が上だと思うのですが、オールメールという仕掛け、
 高橋洋くんのビローンの長セリフを間近で拝見できたという
 2点で。戯曲のだらだら感をここまで忘れさせる技はただ事では
 ありません(笑)

(5)「夏の夜の夢」 新国立劇場
 麻実さんがバレエの衣装に背中に羽をつけて走りまわるなんて
 ファンシーなお姿で拝見できたのが一番印象的、というのは冗談で
 大注目はチョウソンハさんのパックでした。
 ジョン・ケアードさんらしい、大胆でゴージャスな舞台装置も見事。
 

6位以下がなかなか厄介で、順不同で書くとこんな感じ。

★「ヒステリア」 シアタートラム
  感覚をゆすぶられるという意味では「THE BEE」に近いけど、
  串田さんが普通に役者さんしていたのがなぜか印象的

★「クリーンスキン」  新国立劇場(小劇場)
  海外の作家に本を依頼したにしては普通の話でしたが、
  やはり北村有起哉さんが素晴らしかった

★「コンフィダンス~絆」  パルコ劇場
  世間的にはもっとすごい評価を得るのだと思うのですが、
  体調が悪かったのか、三谷さんならこの程度は普通のレベル
  では?と感じてしまったようです。堀内さんの老婆姿がちょっと貫録
  不足だったし、三谷さんが出てくるのは時代設定を現実に引き戻された
  ので、個人的にはだめでした。生瀬さんが素晴らしかったです。

★「コペンハーゲン」  新国立劇場(小劇場)
  やっぱり今井朋彦さん。「夏の夜の夢」と合わせ技?で村井さんの凄さも。
  ストーリーと科学用語が完璧には理解できなかったのが痛いか。

★「ひばり」  シアターコクーン
  松さんの熱演に尽きます。でなかったら、キリスト教に疎い私は 
  寝てしまったでしょう。意外に小島聖さんがインパクト大でした。

★「コリオレイナス」  彩の国さいたま芸術劇場
  あの地獄の階段セットを動き回って大けがのなかった役者一同に
  拍手。勝村さんのオーフィディアスが魅力的でした。白石さんは
  怖さを通り越して笑えてしまったのですが、あれが微妙。

★「氷屋来たる」  新国立劇場(小劇場)
  こうして書くと今年は新国立劇場に良く行ってますね。4時間近くの
  長さに、さすがに途中寝てしまったのを白状しますが、とにかくほぼ
  オジサンしか出てこない芝居で、ベテラン俳優が味を出しまくって
  ました。市村さんと木場さんの魅力全開でした。

期待外れだったのは余りありませんが、「藪原検校」「写楽考」
「何日君再来」、そして仕上がりが遅れまくってこれで完成?と疑問を
感じた「私は誰でしょう」あたりは、スタッフ・キャストの割に普通だった
なあと言う印象でした。

さて、年末にはどうなるでしょう?
下半期の芝居が楽しみです。

|

« 【情報】「ホリデーにっぽん」放送日変更。 | トップページ | 映画「リチャード三世」&「殺人狂時代」 »

能&狂言」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

蜷川さんの舞台関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【情報】「ホリデーにっぽん」放送日変更。 | トップページ | 映画「リチャード三世」&「殺人狂時代」 »