« 「国盗人」を観る(3) Sept会員向け公演 | トップページ | 「国盗人」28日のポストトーク »

2007.07.02

「国盗人」、久秀の辞世の句。

「国盗人」で、登場人物がどんどん殺されていくわけですが、その中で
久秀だけが辞世の句(実際は歌ですけど)を読んでいます。

「草枯らす 霜また今朝の 日に消えて 報(むくい)のほどは 終(つい)にのがれず」

ちょっと気になって調べてみたら、この辞世の句として使われているのは
実際に戦国時代の武将が死に際に残したもので、しかも、この「久秀」の
名前の由来になったと思われる、松永弾正久秀の主、三好長慶の
実弟・三好義賢(実休)のもの。
義賢も四国の支配を勝ち取るために、阿波の守護・細川氏を殺したという
全く、リチャードと行動を共にした松永弾正と似たような(といってもこっちが
先)立場で、しかもそれを後に激しく後悔し、こんな辞世の句を死の前に
準備していたのだとか。
兄・長慶の良い補佐役をつとめていたのが、彼の死によってショックを受けた
長慶の力も衰え、直に家来の松永久秀の暗躍が始まることになったようで
この歌、この「久秀」の辞世の句に実にふさわしいものなのだようです。

|

« 「国盗人」を観る(3) Sept会員向け公演 | トップページ | 「国盗人」28日のポストトーク »

能&狂言」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「国盗人」を観る(3) Sept会員向け公演 | トップページ | 「国盗人」28日のポストトーク »