« ダニエル・クレイグ出演作品情報2つ | トップページ | 久しぶりの狂言「野村狂言座」 »

2007.08.23

「まで」の使われ方。

毎日新聞のインターネット版、MSN-Mainichi INTERACTIVEの
教育のカテゴリーに、22日づけで大阪芸術大学の塚本学長の
インタビューが出ていました。

大阪芸大というともちろん筧さんの母校ですが、ほかに橋本さとしさん、
阿部裕さん、渡辺いっけいさん、高田聖子さん、橋本じゅんさん、
時任三郎さん、岡田達也さんなど、俳優さんだけでもかなりの卒業生を
輩出しているし、画家、漫画家、音楽家と幅広いジャンルで活躍
する人材がOBに顔を並べていますが、このインタビューでは
「卒業生の代表」として『古くは歌手の世良公則さんから、俳優の
筧利夫さんまで』となっていて、この「まで」が何の範囲なんだか~
年齢でもないし、なんだろう~と、ものすごくこだわってしまいました(笑)

しかもそれを受けたインタビュアーのリアクションが「バラエティに富んでいる
のですね」っていうのもちょっと笑えました。
世良さんと筧さんのたった二人で「バラエティに富む」って言えるのかしら?

気になる方は全文をどうぞ。
こちら

|

« ダニエル・クレイグ出演作品情報2つ | トップページ | 久しぶりの狂言「野村狂言座」 »

「筧利夫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダニエル・クレイグ出演作品情報2つ | トップページ | 久しぶりの狂言「野村狂言座」 »