« 「ロマンス」を観る(2回目) | トップページ | em(イーモバイル)は結構使える。 »

2007.09.23

「狂言ござる乃座 10th in NAGOYA」を観る

久しぶりに萬斎さんの地方公演を拝見に行きました。
何しろ名古屋も10周年ということもあって、演目が魅力、というか
「金岡 大納言」ですからね。
確かちょっと前だったか、NHKの能楽鑑賞会かなにかでやった時のが
結構印象がすごく悪くて(おもに装束と鬘関係)、なんだかなあと
思っていたので、今回そのリベンジ?で。

東京公演では考えられないことですが、当日券が出ていました。

名古屋能楽堂は老松の他に若松の鏡板があって、今回はそれでした。
切戸口側に竹など一切ない、なかなか個性的な鏡板です。

まずは万作・万之介・高野コンビでの「咲嘩」
万作さんの太郎冠者が全開モードでした。
盗賊の咲嘩(万之介)を呼び入れておいて、気をもむ主よりも、咲嘩と
いる方がなんだか楽しそうで、挙句の果てに物まねで咲嘩を打ちすえて
意気揚揚と入っていくという、もう不条理というか、ドタバタというか
ほんとうに面白い曲でした。
しかし、意外にあれが盗賊を追い払う一番有効な方法だったかも・・・
珍しく上演中に万作さんが咳をなさってましたが、能楽堂がものすごく
クリアに声が届くのでしょうか、とてもすっきり拝見できた一曲でした。

休憩をはさんで、囃子方の黄鐘早舞。
先日一噌さんのを見てしまった直後なのがいけないと思うのですが
どうしても笛方に迫力不足を感じてしまいました・・・
能楽堂が乾燥しているのかもしれませんが、空気が空振りしている
感じがしました

そして<問題の?>「金岡」

一言でいうと『その髪の毛、なんとかなりませんでしたか?!!』

というのも、前回に引き続いて、萬斎さんの髪がいわゆるロン毛風の
ざんばらにしたロングヘアにさらに顔の横に垂れる髪が追加になっていて
それが前半のカケリまでは良かったのですが、後半、肝心の妻との
やりとりのあたりから、ザンバラ度が上がってきて、女子高生か
ラーメンを食べるOLじゃないですが、さすがの萬斎さんも何度も髪の毛を
かき上げていたのが、ものすごく気になりました。
最後の筆を持って妻の顔に描くあたりは、その表情が見たいところなのですが
そのザンバラ髪が邪魔になって、ほとんど表情が見えない感じ。
うっとうしいことこの上なし。
見ている方もそちらばかり気になってしまって。
さらに、指貫の裾の括り方がいま一つだったのか、珍しく右足の足首が
後ろからだと見える状態になっていて、後見に入った万之介さんも、
良乍さんもしきりと直していましたが、余り効果はなかったようです。

とまあなんだか装束と髪型ばかり気になってしまったのですが、
前半のカケリまでは、憂い顔で舞い狂う金岡の様子が、ああいう派手
装束をつけると妙に化粧をしたように見えるほどに美しく見える萬斎さんに
ぴったりで、ぐっと引きしまっていました。
あれで髪の毛問題がなかったら、もっと後半も描く顔にだけ面白みを集中
できたのだろうと思うばかり。
本当に残念なことでした。

そうそう、狂言に囃子方がつくときはだいたい、小鼓・大鼓が向き合う
かたちで正面を向かないものだと思っていたのですが(三番叟は別)、
今回は最初から最後まで囃子方は正面を向いていました。
地謡がつくときは正面を向くのでしたっけ?
記憶があいまい・・・

それにしても名古屋の能楽堂はパブリックスペースも広くが気持ちが良い
ですね。あれで名古屋駅からの電車のアクセスがもうちょっと良いと
ありがたいのですが・・・・

|

« 「ロマンス」を観る(2回目) | トップページ | em(イーモバイル)は結構使える。 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこさま、お久しぶりです。
私も行きました、ござる@名古屋。なんと正面席「え列」のチケットをYoiyaで引き当てていたので眼福のひと時でした。

金岡は初見でしたので「うっとおしい髪だな…。思案の挙句、あの髪型を萬斎さんは選ばれた(パンフレット記載)なんてちょっと…」と思いつつみていましたが、後見の良乍さんがなおされたり、萬斎さんが気にされて何度もかきあげていらっしゃるそぶり、そしてかのこさまの書き込みを拝見してあのおちつかない髪の毛は演出ではないのだと納得(笑)。

ところで、かのこさまは名古屋能楽堂へどのように行かれましたか?地下鉄桜通線にお乗り戴き丸の内駅で下車して戴ければ、乗り換えなしの一本、丸の内駅から徒歩10分程度(ただし、駅の出口にたどり着くのが少々遠いのですが)です。次回(いつのことでしょう?!)名古屋能楽堂にお越しになるときのご参考になれば幸いです。

(ふと思って今、「送信」を押す前に名古屋能楽堂のHPを確認しに行きましたが、鶴舞線の浅間町もしくは名城線の市役所駅を載せているのですね!!何故名古屋駅からわざわざ乗換えが発生する鶴舞線/名城線を推奨しているのか理解できません…)

投稿: 睦月 | 2007.09.24 15:21

名古屋まで行かれたのですね~!!
うらやましいですっ。
私は金岡は一度も見たことがない演目ですので
ぜひ、関東圏でも演じてもらいたいです。


私も先日のセルリアンタワーで、なぜ
萬斎さんはあんなにうっとおしそうな髪を
されてるのだろう~と不思議に思いました(^。^;)

ドラマの為とかあるんですかね・・・?

投稿: ことのは | 2007.09.24 21:40

睦月さま
ご無沙汰です(^'^)

本当に、あの髪の毛ねえ~。
わざわざ後見まで行って直してましたからね
(意味無かったけど・・・・)

そうそう、名古屋能楽堂は私も前は桜通線で参り
ましたが、あの駅ホームから駅出口の長さと、ちょうど
雨で駅からの微妙な距離にちょっとめげました
(土日だと人通りもいま一つでしたし・・・)
今回は現地の友達がたくさんご一緒でしたので
タクシーで伺いました。(^.^)
もう一息、能楽堂と駅の出口が近いととか
思いましたが、東京の能楽堂も結構観世とか
喜多とか駅からの距離が微妙ですけどね・・・・
(便利すぎると車の音とか気になりますしねえ・・・)(^^ゞ

投稿: かのこ | 2007.09.24 23:49

ことのはさま
髪の毛・・今日は微妙に後あたりが
ウエーブかかっていて、キューティクルも
きれいでしたよ!(^^)!
「金岡」はわざわざ鬘をかぶるから厄介に・・・
地髪でされたらすっきりしてよかったのかも。

投稿: かのこ | 2007.09.24 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ロマンス」を観る(2回目) | トップページ | em(イーモバイル)は結構使える。 »