« 「世田谷芸術百華」で『三文オペラ』の歌が! | トップページ | 太っ腹!スカパーで「野獣郎」が・・と思ったら・・・(泣) »

2007.09.25

「狂言ござる乃座 in KYOTO 2nd」を観る

金剛能楽堂は初めて伺いました。
鏡板が年期が入っているなというのと、一列の席数の割に
列数が少なくてどこにいても見やすいのかなと思いました。

演目は親子三代共演の「靱猿~替の型」というのが珍しく、
かつ目玉でしょう。
配られたパンフレットに、「替の型をやったらそろそろ猿は卒業。
一度やると混乱して元の型に戻しにくいから」というような趣旨の
事を萬斎さんが書かれていましたが、確かに猿の舞の部分が
長かったです(しかも結構しつこく大名を引っ掻いていました)が、
実はもっと大変なのは、その長い舞の間ずっと謡っている猿曳の
萬斎さんだったかも。

大名の装束が「鶯」で使われる、茶いろのテンガロンハットのような
笠に、陣羽織(蜀江錦でした)、亀甲の唐織に下袴という派手なのも
珍しかったですし、全体の筋は同じでも細かく違っていて、とても
興味深く拝見しました。
にしても裕基くん、もうずいぶん背も伸びたようで、足が手より長く
なってしまった分、四足で走りまわるのがかえって大変そうでした。
でもその前に舞われた小舞「七つ子」でも思いましたが、ずいぶん声も
低くしっかりしてきて、もうプロだなあと感じました。
親子三代共演、とても印象深かったです。

パパの方の小舞は「鐡輪」。能のキリの部分を小舞にしたものだそう
ですが、どうも舞というよりも、一人芝居のようでした。

小舞との間には万之介、石田、高野の手だれによる「文荷」。
何度も見ている曲ですが、やはりラストの「お返事」のタイミングの
絶妙さには毎回猛烈に笑わされます。
今回も万之介さんのひょうひょうとしたところがもう見事というしか
ありませんでした。

前日は正直「髪型」問題で気が散りましたが、京都公演はきしっと
緊張感があふれて見事だなあと拝見しました。

|

« 「世田谷芸術百華」で『三文オペラ』の歌が! | トップページ | 太っ腹!スカパーで「野獣郎」が・・と思ったら・・・(泣) »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「世田谷芸術百華」で『三文オペラ』の歌が! | トップページ | 太っ腹!スカパーで「野獣郎」が・・と思ったら・・・(泣) »