« 「鞍馬天狗」共演者 | トップページ | 「BSマンガ夜話」復活!! »

2007.10.21

「万作を観る」を観る

ちょうど朝の日本経済新聞に万作さんのインタビューが出ていました。

国立能楽堂。
チケットセンターで来年のカレンダーを購入。
もうそんな季節なんですね。

まず遼太くんで「昆布売」。大名は石田さん。
狂言を見始めた頃だったか、遼太くんの「魚説法」を見た記憶があるので、
なんだか年月を感じます。
この曲は謡や舞ぶりを教える昆布売役より、教わる大名役の演者が
たいてい経験がある演者さんがなさることが多いので、昆布売役は大変と
言う話を聞いた事がありますが、今回もまさにそれ。
でも遼太くん、さすがにところどころ妙な間があったりしましたが、姿勢も
きれいだし(今時の若者らしく、あり得ない小顔!)意外と声が太くて低く
安定してましたし、とてもすっきりきっちり演じていたように感じました。

次が今回の目玉である間狂言と仕舞による「姨捨」。
特にこの回は四郎さん出演で兄弟3人がお揃いに。これで萬さんがいたらと、
つくづく。
(にしても久しぶりに四郎さん直面で拝見したら萬さんそっくり!)
万作さんの語りは静かながらもくっきりとした、淡さの中にカーンと鮮やかな、
変な喩えですが、上質の備長炭のような印象を受けました。

能の方はなにか詳しいしどころは判りませんでしたが、謡ともども、
動かないのに強烈な存在感があり、状況がはっきり想像できるリアリティを
感じました。
ここで休憩でしたが、タイムスケジュールを10分越えていました。
(この内容で35分と言う予想の方がちょっと無理っぽいですが)

休憩後はまず「鐘の音」を万作&万之介なんて豪華配役で。
若手の方も結構される曲ですが、鐘の音の擬音のところしか受けない
場合が多いのですが、万作さんのは、最後の謡と舞のところがとても
印象的でした。

そして「千切木」
萬斎さんの気弱な夫と高野さんの強烈な「わわしい」妻がもう爆笑もの
でした。「生ぬるい」とかあれこれ夫の尻を叩く妻と、世間体もあるし
これからも長い付き合いを続ける講の仲間と角つきあわせたくない
処世術的にも余りあれこれしたくない夫のやりとりが、際立ちました。
それにしても、当屋が深田さん、太郎冠者が月崎さん、そして立衆の
面々が若手も若手(竹山くんがトップ)という超若手キャストでした。

|

« 「鞍馬天狗」共演者 | トップページ | 「BSマンガ夜話」復活!! »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「鞍馬天狗」共演者 | トップページ | 「BSマンガ夜話」復活!! »