« 「大徳川展」を見る | トップページ | 「風林火山」舞台化 »

2007.10.26

国立能楽堂特別公演「特集美しき老い(第二日)」を観る

まず訂正。
昨日「千作さん、東次郎さん、万作さん競演2days」と書きましたが、今日は
千作さんはご出演なく、代わりに千之丞さんご出演でした。

番組は万作さんの「孫聟」、千之丞さんの「居杭」、東次郎さんの「庵梅」。

「孫聟」は人生の経験値が高い分、色々気になるし、かつ自分の存在をア
ピールしたがり、さらにくどい、と言うちょっと困ったおじいちゃまを万作さんが
軽妙に演じていらっしゃいました。
萬斎さんはまだやっぱり聟役がお似合いでしたねえ。

次は「居杭」。
千之丞さんの「居杭」は天然系千作さんとは一味違って、悪戯好きの雰囲気。
にしてもあのお年で(誉めてます)頬杖があんなにかわいらしいなんて(笑)

最後の「庵梅」は作り物の梅と藁屋も出て、雰囲気はすっかり能。
登場人物が全部女性で、びなんを巻いているため、元々余り馴染みがない
山本家の演者さんだけに、誰が誰だが判らなかったのが残念でしたが、
落ち着いて上品なほっこりした曲でした。

2日にわたって、各家のベテランの演者さんによる主に「老い」をテーマにした
曲をまとめて拝見すると言う貴重な機会、それも贅沢な配役・演目をこのお値段で
なんて、本当に国立能楽堂でなくてはできません。
しっかり堪能させていただきましたが、唯一最大のマイナス点は見所(多分
正面)で延々鳴り響いた携帯電話のアラーム音だったかも。

|

« 「大徳川展」を見る | トップページ | 「風林火山」舞台化 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「大徳川展」を見る | トップページ | 「風林火山」舞台化 »