« 「三文オペラ」を観る | トップページ | やはり狭い… »

2007.10.25

国立能楽堂特別公演「特集美しき老い(第一日)」を観る

千作さん、東次郎さん、万作さんと当代の名手3人揃っての競演2daysと
あればいずれも見逃せないと伺いました。

第一日は東次郎さんの「腰祈」、千作さんの「居杭」、万作さんの「比丘貞」。
「腰祈」は万作家で見た時は、へたれ山伏の祈り損ないの部分が強調
されていた気がしますが、山本家のはのんびりした祖父の雰囲気と仕草が
印象的でした。

「居杭」は子方が居杭を演じるのしか見た事がなかったので、千作さんが
居杭とは最初不思議な感じがしましたが、何しろ千作さんなので正直
なんでもOKでした(笑)
明日は配役を替えて同じ演目との事、楽しみです。

万作さんの「比丘貞」は成人のお祝いにと皆で謡い舞う静かな内容で、
とりたてて派手なところはありませんが、しっとり落ち着いて清潔感の漂う、
万作さんらしい(ちょっと偉そうな書き方ですが)曲でした。
万作さんのお寮は、余り見ない形の面に、金地に菊がたっぷりの豪華な
縫箔で上品な雰囲気。
初めて拝見した子方(吉村康眞くん)がきちんきちんと形も声もすっきり演じて
いた素晴らしさも目につきました。
(11歳との案内でしたが、とても安定した演じぶりでした)

唯一敢えて瑕疵を挙げるなら、万作さん演じるお寮(比丘尼)が名付け名の
謂れを
「皆が(自分を)比丘尼、比丘尼と呼ぶので、それと(名付け子の家で代々
使われる)貞を繋げて比丘貞はどうか」と説明するセリフで、自分の名前・
比丘尼を比丘「貞」と間違えて言われてしまった事でしょうか。
タイトルにもなっているポイントのセリフだっただけに惜しい気がしました。

帰りにチケットセンターの前を通りかかりましたら、明日(26日)のチケットは
各正面数枚ずつ出るようです。
明日は万作さんの「孫聟」、千之丞さんシテの「居杭」、東次郎さんの
「庵梅」の3曲。

|

« 「三文オペラ」を観る | トップページ | やはり狭い… »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「三文オペラ」を観る | トップページ | やはり狭い… »