« 彩の国さいたま芸術劇場のイベント。そして「ガラスの仮面」オーディション | トップページ | 茂山家の決定。 »

2007.10.02

「おしん」に意外な方が出演していた・・・

日経新聞の夕刊最終面に「こころの玉手箱」という連載コラムが
あって、一人の人に数回にわたって思い出の品とその品に係る
思い出話を聞くというようなものなのですが、今はそれが、野村萬さん。

2日づけのを読んでいてちょっとびっくりしました。

知っている人からしたら「今さら」なのでしょうが、萬さんって、万蔵
時代にあのメガヒット朝ドラ「おしん」の後半に、功成り名を遂げた
おしんの養子で、陶芸家という役で、出演されていたのだとか。

もちろん放送の頃(年)には、さすがにまだ狂言や能に全然興味がなかった
ので、知らないのも当たり前と言えば当たり前ですが、ドラマやテレビ系は
万作家の印象が強いので、萬さんが出演されていたというのは
本当に意外でした。

つぎにTSUTAYAの半額レンタルの時でもあったら、借りて見てみようかな・・・


|

« 彩の国さいたま芸術劇場のイベント。そして「ガラスの仮面」オーディション | トップページ | 茂山家の決定。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

能&狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 彩の国さいたま芸術劇場のイベント。そして「ガラスの仮面」オーディション | トップページ | 茂山家の決定。 »