« 「顔のない男~東ドイツ最強スパイの栄光と挫折」 | トップページ | 「オセロ」を観る(2回目) »

2007.10.20

「解体新書」次回ゲストは…

次は年明けと若干間隔の開いた萬斎さんのトークパフォーマンスイベント
「解体新書」ですが、ゲストが発表に。
モナリザやフェルメールの名画に自分がなりきる独自の手法が斬新な
森村泰昌さんだそうです。

いや〜身体で表現と言う点で共通点を持つお二人。
果たしてどんなトークとどんなパフォーマンス(特に毎回恒例の後半の
「共演」)が披露されるか楽しみです。

MANSAI ◎解体新書 その拾弐
『「扮装」~美の反転(リバース)』
08年1月11日(金) 19時
世田谷パブリックシアター

|

« 「顔のない男~東ドイツ最強スパイの栄光と挫折」 | トップページ | 「オセロ」を観る(2回目) »

文化・芸術」カテゴリの記事

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

イベント・展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「顔のない男~東ドイツ最強スパイの栄光と挫折」 | トップページ | 「オセロ」を観る(2回目) »