« 「医龍2」9回目 | トップページ | 「ジョージアコーヒー」新CMは「山崎努&豊川悦司on温泉卓球」並みの迫力 »

2007.12.06

「野村狂言座」を観る

宝生能楽堂。

今回は萬斎さんは小舞と最後の「野老」の地謡のみ。
そうだからってわけではないでしょうが、今までにない空席。
ですが今回は名古屋野村家の、演出の違う「蝸牛」が見られましたし
(ただし、出演予定だった又三郎さんは体調不良で代役を立てられました。
残念)、その名古屋野村家の、小三郎さんの息子さんのかわいらしい姿も
微笑ましかったし、何より、「杭か人か」「野老」という初見の曲を2曲も
見られたのが新鮮でした。

小舞では裕基くんも「海道下り」をしていましたが、すっかり足取りが
しっかりしていたのと、雨の中を駆けるようにするあたりの首から
肩のあたりの感じがふと萬斎さんに似ていてびっくりしました。
(にしても、小舞の地謡音程が揃ってなかったな~)

名古屋野村家の「蝸牛」は、太郎冠者の代わりに子どもがかたつむり探しに
やらされて、山伏と一緒に「でんでんむしむし~」とやってるところに
心配して迎えに来たパパが山伏を人買いと思い込んで追い込むけれど
息子は楽しく遊んでもらった「かたつむりさん」がお気に入りで
追い込むパパの後ろから「許してやってくだされ~~」と行くのが
かなりかわいかったです。

次は石田さんシテの「杭か人か」。
ほぼ一人芝居でしたが、これって今の明るい中で見るとタイトルの
ような感覚は持てないですね。
夏あたりによくやる野外の薪能とか、能楽堂でやるなら前に国立で
やりましたが暗くしての「蝋燭能」のようなスタイルでやると
主が「杭」というところとか、かなり面白いし、感じが客も共有できそうな。

休憩、素囃子をはさんで最後の「野老(ところ)」
狂言の1つのパターンである、能のパロディの一つですが、シテの
野老の精(野老はやまいも)が頭の上に、ちゃんとひげ根までつけた
リアルなやまといものオブジェ?を載せいていたのには笑いました。
とはいえ、流れは本当に能っぽく、万作さんのきちっときまった舞姿
なかなか素敵でした。

|

« 「医龍2」9回目 | トップページ | 「ジョージアコーヒー」新CMは「山崎努&豊川悦司on温泉卓球」並みの迫力 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこ様
私は5日に拝見いたしました。この日も空席が目立ったような。
11/30に拝見したござる乃座でも当日券が出ていてちょっとびっくりしました。一時の狂騒が収まったと思えばいいのでしょうか。
今回の狂言座、番組の構成が新鮮でしたね。
私は萬斎さんの小舞「景清」がとても哀愁があってよかったと思いました。裕基くん、ほんとに萬斎さんに似てましたね~。
こりゃ将来が楽しみ、楽しみ♪

投稿: ももぞー | 2007.12.07 18:13

ももぞーさま
まあこの静かさも今だけかも。これで「鞍馬天狗」始まると、やっぱりまた・・・なんてことで「唐人相撲」
あたりは激戦に鳴るんではないでしょうか・・?(*_*)

投稿: かのこ | 2007.12.08 10:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「医龍2」9回目 | トップページ | 「ジョージアコーヒー」新CMは「山崎努&豊川悦司on温泉卓球」並みの迫力 »