« 江口洋介さん3年ぶりの舞台はゴーリキー「どん底」 | トップページ | いのうえひでのりさん、語る。 »

2007.12.09

演劇人インタビュー集二冊

伝統芸能、そして現在の演劇人へのインタビューを集めた単行本が
相次いで刊行されました。

「パフォーミングアーツに見る日本人の文化力」(水曜社)
 2004年から今年まのインタビューを集めたもの。
 私の興味のあるカテゴリーでは、まず萬斎さん、そして蜷川さん、
 ギリシャ翻訳の山形治江さん、串田和美さん、中島かずきさん
 などが載っています。
 萬斎さんのは「国盗人」がらみの話が多く、どうやらまた次の
 シェイクスピアものもお考えのご様子ですが、次は「悲劇」らしいので
 となると・・・・?

 本自体は国際交流基金のホームページに連載されたインタビューを
 まとめたもの。
 詳細はこちら

 
もう一冊は完全に伝統芸能の方のお話ばかり
「日本の古典芸能~名人に聞く究極の芸」 (かまくら春秋社)
 河竹登志夫

 こちらにはまず万作さん、そして歌舞伎からは仁左衛門さんと芝翫さん、
 能の観世榮夫さん、文楽の吉田文雀さんと竹本住大夫さんなど
 とにかくどの方も素晴らしい記憶力と細かい観察力の持ち主と本当に
 驚かされます。
 詳細はこちら

|

« 江口洋介さん3年ぶりの舞台はゴーリキー「どん底」 | トップページ | いのうえひでのりさん、語る。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

能&狂言」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

蜷川さんの舞台関連」カテゴリの記事

文楽ほか伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 江口洋介さん3年ぶりの舞台はゴーリキー「どん底」 | トップページ | いのうえひでのりさん、語る。 »