« 創作能「薔薇の名~長谷寺の牡丹」 | トップページ | 「新宿狂言vol.14〜阿呆狂言会」を観る(もしくは参加する) »

2008.01.27

「篤姫」第4回の能楽シーン

能楽シーンが気になって27日の「篤姫」を初回以来見ましたが、あっという
間に似たような名前の登場人物がどわっと増えていて、ストーリーを追うのは
さっさと諦めました(苦笑)
能楽はクレジットに「宝生会」とだけ出てシテ方すらお名前なしで終わり。
「功名が辻」の時は囃子方まで全員名前が出たのとは随分扱いが違う気が
(「功名」はそれで字を間違えてましたけど…)します。

・・・というか、宝生流の方って控え目な方が多いのでしょうか。
全然情報が引っ掛かってきません。「功名が辻」の時とかはおシテ方の
サイトとかに「出演します」情報とか出ていたんですけど・・・
こういうのも御流儀の違いで対応が違っているのでしょうか
あるいは単に私の探し方が悪いのか(嘆)

ちなみに山口さん演じる忠教の娘・於哲役で登場したのは、今私が一番注目
している若手女優さん、吉高由里子さん。
吉高さんと言ってピンと来なくても「あしたの喜多善男」で、喜多さんと
箱根にタクシーで出かけた宵町しのぶ役で出ているちょっと三浦理恵子似の人、
と言うと判りやすいかも。
作品ごとにイメージが違うし、影とか深さがある佇まいが気になっているの
ですが、彼女は蜷川さんの新作映画「蛇にピアス」の主役に抜擢されても
いるので、それも楽しみです。

と言う訳で結局「篤姫」自体はさしたる興味も持てず終了。
どうもこのドラマとは相性良くないみたいです。

|

« 創作能「薔薇の名~長谷寺の牡丹」 | トップページ | 「新宿狂言vol.14〜阿呆狂言会」を観る(もしくは参加する) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

能&狂言」カテゴリの記事

コメント

かのこ様

堺雅人さん終了まではと思ってとりあえずぼんやりみていたら、なんとしのぶちゃん!
思わずがぶり寄りしてしまいました(笑)
喜多さんですっかりファンに。エロカワ~(おっさんか!)
原作のイメージとは違いますが、原作だと旅行先で活躍するので楽しみです。映画も見てみたくなりますね~。

投稿: ももぞー | 2008.01.29 18:15

ももぞーさま。
やはりチェックされていましたか!!
ですよね~なんだか映り方は宮崎さんの奥に
うっすらって感じでしたけど、どこか気になり
ますね~
ちなみに「喜多善男」原作知らずに見ていますが、
読んだ方が楽しめますか?

投稿: かのこ | 2008.01.29 22:48

 こんばんは、随分ご無沙汰してしまいました。
 最近、観劇に行く余裕がなかなか持てず、かのこさんのブログで楽しませていただいております。
 まだまだ寒さが続きますが、お身体に気をつけてお過ごし下さいませ。

 「篤姫」私も初回を見て…ウ~ン(^^;
 同じような設定でかつて大河として放送された「翔ぶが如く」の印象が個人的に強過ぎて…あれは傑作だったと思います。
 あおいちゃん、若手ながら上手く演じているのは認めますが…今年はゴメンナサイです。

投稿: Naoko | 2008.01.30 00:28

かのこ様

原作とはいえ、「原案」といっているだけに
話は全く違いますね。キャラクターも違いますし。
原作の喜多さんはネガティブよしおちゃんに近いような(笑)
平太なんておっさんですからね~。
「いつ死ぬかを決めた人のカウントダウンの物語」っていう
大枠が同じだけで、私は全く別の作品として捉えてますね。
島田さんの作品は独特のインテリ臭(^^;)がありますので、
好き嫌いはあると思います。
読んでみる価値はあると思いますよ、そんなに長くないので。

投稿: ももぞー | 2008.01.30 20:02

Naokoさま
「翔ぶがごとく」今にして思えば硬派の名作
でしたよね。
鹿賀丈史→原田泰造
西田敏行→小沢征悦
と比べると、やっぱり前者の方が明らかにイメージに
近い、っていうか作り上げちゃったって感じが。
それに何より、大河ドラマで日本語にテロップが
出たのあれがはじめてでしたよね(薩摩ことば
忠実に再現しましたから)
今でも時々CSで再放送しているのを見ますがつい
引き込まれます。
ちなみに、調べてみたら、「翔ぶ~」当時の鹿賀さん
40歳、西田さん43歳、今、原田さん37歳、小沢さん
34歳。
小沢さんはともかく、原田さんと当時の鹿賀さんが
3歳しか違わないのはちょっと意外・・・(^.^)

投稿: かのこ | 2008.01.31 00:08

ももぞーさま
原作情報ありがとうございます。
実は昨日見落としてしまって・・・そろそろ
まとめて再放送してもらわないと脱落しそうです~(*_*)

投稿: かのこ | 2008.01.31 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 創作能「薔薇の名~長谷寺の牡丹」 | トップページ | 「新宿狂言vol.14〜阿呆狂言会」を観る(もしくは参加する) »