« 「能狂言と現代演劇による『葵上』」(記録映像)を見る | トップページ | 「篤姫」に能楽シーン »

2008.01.23

「野村万作・萬斎狂言の世界」を観る

いちょうホール(八王子)。
久しぶりのホール狂言会拝見でしたが、あいにくの雪上がり今年一番の
寒さ。都内より八王子は余計寒いので尚更です。
しかし確か前にもこの会場で萬斎さんの狂言があった日も凄い雪で、
今日はそれでもまだ水気の多い雪で足元は大丈夫でしたが、前回は
結構積もって駅からややある会場ですので、厄介だった記憶が蘇りました。
まず深田さんの解説。これも私はかなり久しぶり。

続いて超ポピュラーな演目「附子」を萬斎さん&石田さんの豪華配役で。
ポピュラー過ぎて却って久しぶりで、逆に新鮮でしたが、主の月崎さんが
出端のなんて事のない段取りのような部分で台詞が止まってしまい、幕の
中からプロンプが飛んだのでびっくり。こういうのが最初にあると最後まで
こちらが勝手にちょっとドキドキしてしまいます。
勿論黄金太郎&次郎冠者コンビは鉄壁で、後ろの席からでも太郎冠者の扇ぐ
風が届きそうに感じがしました。
でも改めて人間の欲やら、砂糖を食べた言い訳に、重宝を壊してお詫びに
死ぬつもりで食べまして〜と結果は同じでも順序を逆にするだけで状況が
一転する面白さやらをしみじみ。

休憩を挟んで万作さんの至芸の堪能できる「舟渡聟」。
万作&萬斎の親子での船頭&聟は、前の聟が後ろの船頭を見えていないのに
見事に揺れる動きがシンクロして、さすが血と見巧者がおっしゃるのを聞いた
事がありますが、高野さんの聟も、以前に比べると格段に動きが美しく
なっていて、特に酒を何度もせがまれるあたりの聟さんの困りぶりが、
可愛く笑いを誘っていました。
万作さんは勿論で、竿をパタリと落とすだけ、聟の飲みようを見ると言う
何気ない仕草に意味を感じました。

「狂言座」のような珍しい曲を、どう展開するかドキドキ拝見するのも
勿論楽しいですが、ポピュラーな曲を拝見するのも、またあちこちに新しい
発見があって、楽しめます。

|

« 「能狂言と現代演劇による『葵上』」(記録映像)を見る | トップページ | 「篤姫」に能楽シーン »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「能狂言と現代演劇による『葵上』」(記録映像)を見る | トップページ | 「篤姫」に能楽シーン »