« キシリッシュCMに。 | トップページ | 『日本語を読む~リーディング形式による上演』 »

2008.03.22

「国立能楽堂定例公演」を観る

本当に久しぶりのお能でした。
先日、府中で「卒塔婆小町」を拝見はしていますが、能楽堂となると
去年の「雙の会」以来です。
まあ半分以上は万作&万之介&萬斎の豪華トリオ、しかも万之介さんが
太郎冠者、万作さんが次郎冠者、萬斎さんが主なんて、主催公演では
逆にまずお目にかかれない贅沢な配役での「樋の酒」目当てだったの
ですが・・・・。

全然忘れてましたが、実はこの日の昼が「狂言劇場~唐相撲」が初日
でしたので、能のアイを勤められた石田さんも含めて、みなさん大変
だったのでは?
とは言え、曲そのものはやはり万作さん万之介さんの存在感で非常に
品のあるものでした。
(品がありすぎて笑いづらかったくらいで…)
それにしても冠者二人が着けていた肩衣はなまずと瓢箪という
不思議な柄でした。

能の方は舞の多い曲。予定時間より早く、60分で終了。
にしてもせっかく自分の子供が見つかったのに「早く名乗り出てくれたら
こんなに恥をかかなくて済んだのに」って喜ぶ前に愚痴っているのが
なんかちょっと不思議。


|

« キシリッシュCMに。 | トップページ | 『日本語を読む~リーディング形式による上演』 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キシリッシュCMに。 | トップページ | 『日本語を読む~リーディング形式による上演』 »