« フジテレビ「検定ジャポン」の告知ポスター | トップページ | 「コンバット」CMに文楽?! »

2008.04.04

「能楽現在形 第五回公演」を観る

宝生能楽堂

見所に、NHKで伝統芸能の専門で登場される葛西聖司アナ、
渡辺守章さんに、パンフレットに萬斎さんと対談している野田先生を
お見かけする。

まず舞囃子「安宅」
幸弘さん、成田さん、広忠さんの、囃子方若手の最強トリオが
強烈なインパクト、そしてシテの金井さんも、ぴしぴしと決まる
姿がおみごとでした。

次が万作・萬斎&石田という、鉄板組み合わせの狂言「舟渡聟」。
今年はこれ、なんだかよく拝見するめぐりあわせですが、今回は
能楽堂だったせいか、ひとつひとつの動きや表情がつぶさに見えて
とても演劇性に富んだ仕上がりのように思いました。

休憩をはさんで能「藤戸」。
アイの小書き「大根渡」がついて、萬斎さんの長い語りが入りました。
能は本当にわからないと思っている私ですが、今回に限っては
ストーリーが明確であること、シテ・ワキ、もちろんアイも非常にセリフが
くっきりと聞こえてきたことと、やはり気合の入ったメリハリのある
囃子のおかげか、90分を越す曲でしたが、眠気も催さず(苦笑)
拝見することができました。

|

« フジテレビ「検定ジャポン」の告知ポスター | トップページ | 「コンバット」CMに文楽?! »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フジテレビ「検定ジャポン」の告知ポスター | トップページ | 「コンバット」CMに文楽?! »