« 12月のコクーンは一青窈さん主演作品 | トップページ | 「Look at Star」7月号に「わが魂〜」舞台写真 »

2008.05.27

「わが魂は輝く水なり」を観る(5回目)

前楽。

「義仲軍の狂気」が空気として伝わってこないうらみは相変わらず
ですが、公演期間前半空気が抜け気味だった1幕がずいぶん気合が
入ったなあというのが第一印象。

そして近くで拝見して改めて実感したのは、あの崖セットの高さ。
それはしかも階段でも富士山状のすそ野の広さもない、切り立った
状態のもので、巴に至っては前半の登場シーンと、1幕幕切れ前の
ふぶき暗殺のところで、2度もあの上での演技を強いられています。
兼平と兼光は海際のとびとびの岩でのシーンもあって、足もとの不安
定さ、せっぱつまった感じ、そして先まで行ってしまえば逃げ場も
行きどころもない感じ、何より、孤独さを強く感じました。
維盛軍に戻ってきた六郎が「ひざを折り、前へつんのめる」という
表現したものにつながる感じがします。
実盛たちを見ていると安心するのは、常に安定した森の中にいる
からという事にもようやく気がつきました。

でもそんなことを論理的に考えられたのは終わってから。

見ている間は、萬斎さんと菊之助さんの、蜷川さんのいうところの
「奇跡の顔合わせ」を本当に堪能できる幸せに浸らせていただきました。

萬斎さんが「息子」の顔を見、また「父と子は親子であると同時に
もっとにがい関係でもある」と言う時にはどうしても裕基くんの顔を
思い出しますし、菊之助さんが「父上!」と言う時には、どこかに
菊五郎さんの顔を思い出す、それは亀三郎くんも一緒で、そのあたりの
「血」がこの芝居の一つのテーマに流れているのだろうと改めて
実感しました。

カーテンコールがいつもより1回多かったかも。
萬斎さんが奥から最初は実盛風に、そして途中から凄い勢いをつけて
ポンっと前端に出てこられるところにいつも笑ってしまいます。

なんだかんだと言いながら、ついに千秋楽です。
あっと言う間でしたねえ・・・・

前楽になってもやっぱりポスター(大)の増刷はなかったようで、これは
プログラムを後から通信販売しているコクーンに、ぜひ、追加印刷と
発売をお願いしたいところです。


|

« 12月のコクーンは一青窈さん主演作品 | トップページ | 「Look at Star」7月号に「わが魂〜」舞台写真 »

能&狂言」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

蜷川さんの舞台関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12月のコクーンは一青窈さん主演作品 | トップページ | 「Look at Star」7月号に「わが魂〜」舞台写真 »