« 「シリウスの道」見事なキャスティング。 | トップページ | 「わが魂〜」ポスター販売開始 »

2008.05.12

「わが魂〜」新聞評

目にした中では最初は日本経済新聞(東京本社版)12日付の夕刊でした。
演出についても役者にも若干手厳しい内容かな。

|

« 「シリウスの道」見事なキャスティング。 | トップページ | 「わが魂〜」ポスター販売開始 »

能&狂言」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

蜷川さんの舞台関連」カテゴリの記事

コメント

かのこさん、新聞評を読みました。

たしかに戯曲が書かれた当時は、その時の社会状況を反映していたし、それを知っておくのは大事なのかもしれません。でもあの評はそれにとらわれすぎて、今はそのことを知らない人も大勢観るわけなので、手厳しさの向けどころに疑問を感じました。かのこさんの「環境」「老い」などという今の視点から観た評の方に共感します。

投稿: susie | 2008.05.14 10:35

susieさま
「あの時代」を見せようとした芝居なのだと
いう「基礎知識」は必要でしょうが、演劇の
再演に求められるのは「記憶」より「普遍化」だと
私も強く思います。
一つしか解釈がない芝居では再演の意味がない
ですし。
何よりもがく実盛を蜷川さんにトレースする方が
よっぽど面白いですしね(笑)

投稿: かのこ | 2008.05.14 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「シリウスの道」見事なキャスティング。 | トップページ | 「わが魂〜」ポスター販売開始 »