« 「わが魂〜」ポスター、早くもっ! | トップページ | 公共放送利用のメイキングビデオ? »

2008.05.15

それなりに覚悟が必要?

図書館から、蜷川さんが今年これから上演する井上ひさしさんの戯曲2作品が
他の作品と一緒に一冊に収まっている「井上ひさし全芝居その一」(新潮社)を
借りてみましたが、ぱっと見たところ、これはどちらも相当長そうです。

いわゆる単行本サイズの本に上下2段組みで、「表裏〜」が約100ページ、
「ぴあ」のインタビューで阿部さんが「長い!」と言っていた「道元〜」に
至っては120ページの超大作です。

ちなみに上演中の「わが魂〜」は約40ページで上演時間2時間25分。
本の活字の級数も、また井上さんと清水さんとで、セリフの速度も違うでしょう
し、井上さんのは一部歌詞になっていたりもしますから一概に比較はできません
が、にしても全部やったら相当長くなる事間違いなさそうですね。

|

« 「わが魂〜」ポスター、早くもっ! | トップページ | 公共放送利用のメイキングビデオ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

蜷川さんの舞台関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「わが魂〜」ポスター、早くもっ! | トップページ | 公共放送利用のメイキングビデオ? »