« コクーン9月は堤真一&宮沢りえで「人形の家」 | トップページ | 「蛇とピアス」チラシ »

2008.05.04

「わが魂は輝く水なり」初日を観る

ご自身の演出だとそちらに注力しがちだし、観る側もつい演出家としての
仕上がりに気を取られてしまうので、久しぶりに「1役者」萬斎さんを拝見。
そして予想以上に大満足の初日でした。

さすが初日、ロビーには蜷川さんは勿論、富司純子さん、(多分)亀三郎さん
ママなど関係者がたくさん。
また客席には松岡和子先生に河合祥一郎さん、俳優の山口馬木也さん、
白井晃さん、万作家一門では月崎さんをお見かけする。

戯曲は読んでいましたので粗筋は判っていましたが、やはり役者の肉声で
聞くと若干難解に思えたセリフがスイスイ理解でき、また「老い」などの
テーマが明確に伝わってきました。
Dsc00023


配役は主役二人は勿論、脇が非常にぶ厚くて、二人を支え、重厚でした。
特に現代語劇初出演と言う亀三郎さんが素晴らしい出来。声を張っても割れず
明朗に聞こえ、と言って歌舞伎的な時代がかったセリフ回しになることなく
全体に調和していましたし、動きにぶれや無駄がなく、既に昔からの蜷川さん
芝居の常連さん役者の雰囲気。
またいつもは柔らかいイメージの役が印象的な大石継太さんが骨太かつ情の
ある参謀役を熱演、いつも「蜷川舞台」武者大将格の廣田さんに引けをとらない
格好良さ。
そうそう廣田さんは「リア王」に続いて目を抉る役でしたが、今回は後半
かなり狂気で弱々しくなっていく役でした。しかし毎回インパクトは大!
ずっと注目している長谷川博巳くんは、時代ものは初めて拝見しましたが、
背が高く、貴公子然としているのですが、見事に実戦には向かない平家の
御曹司にぴったり。
理論的な話ぶりと、若干空気を読めてない雰囲気が妙に笑いを誘っていました。
声が意外に若松武史さんぽかったかなぁ。
秋山さんは相変わらず狂気と正気の間の役をやらせたら絶品。ラスト近く、
萬斎さん演じる実盛とのやりとりにはヒヤヒヤさせられた萬斎さんファン、
結構いたのでは?

さて主役二人。
さすがに似合う武者姿、そして現代語と言っても格調とリズムのある清水戯曲の
セリフを見事に、かつ、硬軟使い分けて変幻自在に聞かせて頂ける幸せを実感。
萬斎さんの役は確かに俊敏な動きもあるし、巴にあれだけ心を寄せられる人物
となれば色気も必要ですからこれも納得。

ラストの実盛の「あれ」の見せ方も含めて、実は人間の醜い本性を抉る凄惨な
内容で、もっとエグくやるかと予想していたのですが、意外にストレートに
見せずに、どことなくユーモアを交えた笑いに包みながら、じわじわ響いて
きて、不思議と見たあとにほんのり幸せな気分になりました。
切迫感の面での突っ込み不足とか、物が飛んだり外れたり倒れたりの初日
ならではのハプニングもありましたが、美術も緞帳替わりに森を描いた紗の襖
スタイルのパーティションは美しかったですし、久しぶりに「吊るされた馬」
を見ましたし、美しい舞台でした。

|

« コクーン9月は堤真一&宮沢りえで「人形の家」 | トップページ | 「蛇とピアス」チラシ »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

蜷川さんの舞台関連」カテゴリの記事

コメント

かのこ様

5/6マイ初日でした。
とにかく皆さん台詞が達者で
しかも声がいい方がそろっているので、
舞台でしか味わえない日本語の美しさに
すっかり酔いました。
ハムレットじゃありませんが、
「言葉!言葉!言葉!」という印象です。

狂言から入ったクチなので、
二枚目ばかりの萬斎さんの現代劇の芝居は
若干苦手にしてましたが、今回はすんなりいけました(^^;)

投稿: ももぞー | 2008.05.07 19:01

ももぞーさま
確かに萬斎さんのひっぱるしゃべり方は現代劇の
役者だらけだった「リチャ3」とかでは違和感が
出てくる場合もありますが、今回は清水さんの文章が
日本語として古風だったこともあって、良い感じ
でしたね。
あれでもうちょっと「戦してるんだけど」っていう
切迫感があるとねえ・・木曽側に特に緊張感が
欠けていたので(毒)

投稿: かのこ | 2008.05.07 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コクーン9月は堤真一&宮沢りえで「人形の家」 | トップページ | 「蛇とピアス」チラシ »