« 「監査法人」2回目 | トップページ | 「よこはま万作萬斎の会」を見る(23日、万作先生のお話について補足) »

2008.06.22

「能楽現在形〜劇場版」2日目を観る

2日目は喜多流のおシテ方のご出演。
そして今回は1階席で拝見したので初日とはずいぶん印象が違いました。
能は相変わらず無学なので、半能「融」も小書きの通り、シテが手に笏を
持っていらっしゃるなぁと思う以外は違いの判らない状態でしたが、前日と
同じく、あそこまで動かないと僅かでも動くと「動いたっ」とこの天井の高い
劇場だと尚更感じるものだと、しみじみ。でもなんか動いてないのが
不思議に思えてしまうんですけどね、能楽堂だと普通のことなのに。

休憩を挟んで能「舎利」。
いくつか前日との違いが当たり前ですがありました。
ラストの舎利を韋駄天に返す返し方が、前日と違って両手で天に捧げ持つ
様にし、韋駄天が真後ろから持ち上げるように奪っていましたし、一度前日
見ていたので、「時空を超えた追っかけっこ」のやり方が流派と言うより、
演者でまるで違うので、見ていてドキドキ。一度は横に伸びた橋掛にいた
足疾鬼の目の前に、ちょうど韋駄天が飛び上がってきてニアミスを起こしたり、
また、足疾鬼が横に伸びた橋掛の奥に逃げ飛び込んだ時は、いったい
どこから登場するのか、完全に視野から消えた相手を韋駄天どう探すかとか、
申し合わせをしてはいたでしょうが、全く予想が付かず、まるでジャズの
セッションを見ている様なライブ感を覚えました。

ポストトークでは控え目な狩野さんに気を使いつつも、同人3人のトークが炸裂。
「闇」話を振って、萬斎さんに「今回トークが冴えてるねぇ」と言われた幸弘
さんですが、やはり駄洒落を言わないと気がすまないようですし、それを宥め
つつ、何とか話を本題に合流させようと気を遣う広忠さんと、相変わらずの
三人のチームワークは見事。

能楽堂でされる時は、舎利を載せた三宝を足疾鬼が踏み抜くそうで(もちろん
未見)、それで仏舎利殿の天井を蹴破って逃げるのを表す代償行為とのお話
もあり、それはそれで見てみたくなりましたが、時々踏み抜いた三宝が壊れ
きれずにシテが苦労されると言った裏話も。
何より初日の観客のアンケートに結構過激に答えつつ、劇場で能をやる意味
について熱く語っていらした芸術監督ドノが印象的でした。

|

« 「監査法人」2回目 | トップページ | 「よこはま万作萬斎の会」を見る(23日、万作先生のお話について補足) »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「監査法人」2回目 | トップページ | 「よこはま万作萬斎の会」を見る(23日、万作先生のお話について補足) »