« タイガース4連敗。 | トップページ | 伊勢谷友介さん、ドラマ初出演はNHKドラマ主演 »

2008.08.08

「能楽現在形 第6回公演」を観る

宝生能楽堂。

久しぶりに萬斎さんシテの狂言を拝見しました。
(6月の「よこはま万作萬斎の会」の「千鳥」以来)
演目は「朝比奈」。
またあれこれあって「謹慎中」だった茂山千三郎さんがずっと面をかけての
閻魔役でしたが出演されていて、かなり久しぶりに拝見。
しかし「三鷹」や「新宿」、「橿原」など競演はしばしば拝見してますが、
狂言の同じ演目での二人の共演はひょっとして初めて拝見したかも。
小舞ですらかなり違うくらいですから、演目での共演、しかも幸弘さん、
広忠さん、萬斎さんの強力コンビに囲まれての客演ですから、今回は
万作家のスタイルに合わせてきたのかなという気もしました。

コミカルで身体能力の高い千三郎さんの閻魔と、キリリと勇壮な萬斎さんの
朝比奈は個性が生きて面白く拝見しました。しかし千三郎さん、面をかけて
あの声量。恐るべし。
責めの時の幸弘さんの笛が異常に装飾音付きですごかったですし、
万作さんが謡にご出演の豪華版でした

休憩を挟んで能「邯鄲」。
シテは狩野了一さん。
地頭に友枝さんと言う贅沢。
シテは上下金地の派手な装束、アイの萬斎さんが珍しく鬘をつけて、中国の人
の設定だからだそうですが、色は地味ながらかなり「濃いめ」の着物に、朱
メインの肩衣風のものを羽織るように重ねての装束はなかなか印象的でした。

メインは「楽」で、いわばシテと囃子方のセッション。
幸弘さんの指は動き回り、広忠さんは仇を睨み付けるような凄い形相で、打ち
続けていらっしゃいました。
シテが橋掛で舞う(夢から覚める)間に、シテ柱と目付柱の間に並んでいた
廷臣と子方が凄いスピードで切戸口に消える演出、夢の最初に勅使がシテ
盧生を「帝からの使いです」起こしたのと、夢から覚めるところで、アイが「粟飯が
できましたよ」と起こすところが中啓で枕元を二回叩くと言う同じ動作になって
いるなど、かなり細かく精緻な演出だと感じました。(枕の出し入れも)

この演目、多分3年前にも見ていますが、こんなにスペクタクルに溢れた印象は
なく、「現在形劇場版」の「舎利」に続いて能の見せ方のバリエーションを
感じました。

ちなみに演能中に正面中程から明らかにカメラのシャッターのような音が聞こえ
た気がしました。
でなくても随分耳障りな音でした。空耳なら良いのですが。

|

« タイガース4連敗。 | トップページ | 伊勢谷友介さん、ドラマ初出演はNHKドラマ主演 »

「能&狂言」カテゴリの記事

「野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。『能楽現在形』行かれたんですね!各所で感想が上がってますが素晴らしい公演だったようで…もともとチケも取れなかったし旅行を入れてしまった身としては羨ましい限りです。
千三郎さんお元気なようで良かった良かったhappy01幸弘さんの笛も生で聴きたかったなぁ。
私も劇場版『舎利』でぶっ飛んだクチですので、いろいろチャレンジしている能は大好きです。

投稿: RICC | 2008.08.08 11:09

RICCさま
コメントありがとうございます。
正直「現在形」はかなりわかりやすい見せ方を
してくださるので、能の面白さがいま一つわからない
私にもなんとかわかるので助かります・・・・

そういえばweb拝見しましたが、「わが魂~」オンエア
思った以上にシガーロスかかりまくってましたね(^^)/

投稿: かのこ | 2008.08.09 12:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タイガース4連敗。 | トップページ | 伊勢谷友介さん、ドラマ初出演はNHKドラマ主演 »