« 「警官の血」ドラマ化 | トップページ | 11月演舞場は濃いめの若手歌舞伎 »

2008.08.22

「四つの嘘」

違うエリアで生活をしている筈の3人がどうしてこうも交差(錯綜?)する
のか、一番の嘘はドラマの設定じゃないかとツッコみ、何より大石作品にしては、
当初期待した「週末婚」のような見る側が身につまされる日常に潜む人間関係の
毒が少な目だし、やってる事がエグい割には切迫感がなく、展開もモタモタ
してるうちにはや7話。

とりあえずは永作さん、品川さん、そして長谷川くんを楽しむ状況でしたが、
ようやくネリに嫌がらせをしていたのが長谷川くん演じる福山と判明して一展開。
でもあれくらいセキュリティ高そうなマンションなら防犯カメラに誰か写って
いないか調べたら犯人なんてすぐ判りそうだし、あんな事をやるために研修医が
しょっちゅうネリの帰宅前にマンションに行けたりするかとか思いますが。
まあコメディ部門担当で彼をキャスティングはしないだろうとは思っていたので
ある意味当然な印象もありますが。

ただちょっと前に阿部寛さんが前にインタビューで、ドラマで5〜6番目にクレ
ジットされる役は時々7話あたりで急にストーリーに関わるキーパーソンに
なったりするので、それまでに自分なりにキャラクター設定して演じてました
と言うような趣旨のコメントを読んでいて、今回の福山くんの正体がバレたのが
まさに7話だったので、なるほどこれか〜と妙に納得してました。

|

« 「警官の血」ドラマ化 | トップページ | 11月演舞場は濃いめの若手歌舞伎 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「警官の血」ドラマ化 | トップページ | 11月演舞場は濃いめの若手歌舞伎 »