« 「歌舞伎検定」漸くスタート | トップページ | F1ハンガーGP決勝 »

2008.08.04

新作歌舞伎「愛陀姫」情報。

3日の日本経済新聞に特集記事が出ました。
色々興味深い記述がありましたが、注目は文末。
勘三郎襲名披露興行にやるかもと噂があった「贋作・桜の森の満開の下」の
七五調による歌舞伎化がいよいよ実現の模様。

そう言えば少し前の週刊誌に「シス・カンパニー」の北村さんの仕事についての
インタビュー記事が出ましたが、長年関わっていた野田さんの芝居についての
プロデュースはもうされてないのだとか。
また満席を続けた野田さん芝居で唯一チケットが残ってしまったある公演に
ついての裏話が出ていました。
野田さんの作品にしては余り話題にならない作品なのでちょっと不思議に思って
いましたが、理由を読むと納得でした。

|

« 「歌舞伎検定」漸くスタート | トップページ | F1ハンガーGP決勝 »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「歌舞伎検定」漸くスタート | トップページ | F1ハンガーGP決勝 »