« 「浮世絵ベルギーロイヤルコレクション展」を見る | トップページ | ドラマ「事件記者」 »

2008.09.09

「万作の会 狂言の夕べ」を観る

大田区民ホールで久しぶりに萬斎さんの狂言を拝見。

萬斎さんの解説に「貰聟」、「武悪」の2曲。
「武悪」は大好きな曲で久しぶりに拝見するのを楽しみにしていました。

「貰聟」は石田さんの聟に万之介さんの舅、高野さんの嫁。
石田さんの聟は二度目の素面になっての出だけで笑いが出る絶妙。
妻の子供恋しさに、あっさり前言翻して帰ってしまう気持も、パパの心配や
娘可愛さの気持も理解できるし、三人それぞれの心情が温かく伝わりました。

休憩挟んでお楽しみの「武悪」。
今回は万作さんの主に深田さんの太郎冠者、萬斎さんの武悪。
まあ萬斎さんの武悪は太郎冠者の深田さんが体育会系よい人に見えるせいか、
どうも策略家の匂いが強くて、太郎冠者に危うく斬られるところで泣くのも
作戦に見えてしまいます(苦笑)
後の幽霊話の主の怖がり方とか、図にのって要求がエスカレートする武悪を
見ていると、余りのバカバカしさに前半の人物とは別人格?と思う程ですが、
斬ったと聞けば「早まったか」と主が思ったり、亡き父に思いを馳せたりと、
やはり人間らしい思いが感じられ、笑いで解き放たれる終わり方は狂言で
なければ突飛過ぎますが、その辺が狂言らしい面白さですね。

先日狂言の装束の講座を実演入りで拝見したばかりでしたので、今回は装束も
注目しながら拝見できたのは個人的には嬉しい「進歩」だったかも。

明日も少し配役を変えての同会場同演目公演があります。

|

« 「浮世絵ベルギーロイヤルコレクション展」を見る | トップページ | ドラマ「事件記者」 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「浮世絵ベルギーロイヤルコレクション展」を見る | トップページ | ドラマ「事件記者」 »