« 「AERA」最新号 | トップページ | 来年5月のシアターコクーン。 »

2008.10.11

「から騒ぎ」訳本(2)

書店で購入しました。
考えたら久しぶりに?公演に出版が間に合ったんですね。
そして読むと、一度見ているおかげで、セリフが生き生き読めるし、
「あ〜小出くんが初日で繰り返した『しかし』はここか〜」とか(笑)、
長谷川くんのセリフがグタグタになりかけたところか〜とか、あの
爆笑シーンはト書きにない、蜷川さんの演出なんだ、とか演出を
見てから読むと判ってまた一段と楽しい。

更にかなり聞き逃したドグベリーの「言い間違い」も全部脚注に原文は
こうでこう英語では言い間違えていてと解説があり、それを更に日本語
でも言い間違いニュアンスが楽しめるようにした松岡先生の工夫が
楽しめます(と言うか、本当に松岡先生のご苦労がしのばれます)。

巻末にはいつものようにこれまでの国内の上演記録が出ていますが、
今回見たらあれほど面白かったのにとなんで?と思うほど少なくて
びっくり。
ちなみに中に86年にライミングがあったのですが、なんと鋼太郎さんが
クローディオをなさってます。

2回目観劇が楽しみです。

出版社公式サイトはこちら

|

« 「AERA」最新号 | トップページ | 来年5月のシアターコクーン。 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「舞台一般」カテゴリの記事

「蜷川さんの舞台関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「AERA」最新号 | トップページ | 来年5月のシアターコクーン。 »