« 歌舞伎座建て直し閉館 | トップページ | 「天地人」新キャスト。 »

2008.10.21

「から騒ぎ」を観る(4回目)

平日の昼公演ながら、ポストトーク付きと言う事で、あちこちに補助席が出て
いました。

今日は蜷川さんも最初からいつもの席に。

今回が私には最後、そしてこれまでで一番後方席だったので、全体を見わたし
つつ、1週間ちょっとぶりでしたので、ベネディック&ビアトリスの舌戦が
どのくらい進化したか楽しみでした。

日程前半に比べるとかなり皆動きが自然になってきてましたが、小出くんは、
初舞台だから仕方ないでしょうけれど、さすがに後方席だと速く言おうとする
セリフや横を向いてのセリフがちょっと聞き取りづらいかったかな。
そもそも初舞台であのセリフ量こなしている事自体が凄いので、こちらの
要求が高すぎなのかも知れませんが。
それと‘男子’なのに軟体動物のような動きが急増。面白いだけにあれは
ここぞと言う時だけの方が効果的では?
(軟体動物がらみのセリフがあるので意識的だとしたらまた凄い話ですが)
ビアトリスを口説く時に正面の階段を踏み外しかけてヒヤリとしたり、ラストで
またまた客席のお客さんの手を掴んでしまった鋼太郎さんを、座っているところ
まで行って小突いていたりと小出くんは毎回なにかしら違う発見がありました。

ビアトリス嬢の一生くんはセリフの心配が全くなくなり、本当に普通に女の子
ですが(横顔とかちょっと酒井美紀さんに似て見えました)、見ていてふと、
あれだけマシンガントークの可愛げのない役を、女優さんが演じていたら、
かなり嫌味な役にしか見えない筈。
男優さんが演じると言う時点で「わ〜すごい(男優さんとは思えない)可愛い〜」
と言うフィルタは、ビアトリスの役柄自体をソフトに見せてしまう効果絶大、
そのあたり一生くんがプログラムに書いている「女性を越えた存在」の力なの
かも知れません。
ポストトークで力強く「男の役がやりたいですっ」と言っていた一生くんですが、
オールメールシリーズは全部見ていますが、正直一生くんのビアトリスは
ナチュラルさにおいて、またセリフや声など、歴代女性役の中でも1~2を
争う良さでしたので(月川くんは別格)、個人的には成宮くんでと思っていた
「じゃじゃ馬ならし」のカタリーナとかちょっと一生くんで見たくなりました。

長谷川くんは実はセリフを言っている時より、あちこちで見せる絶句シーンの
数々の表情がかなりキュートで、見ていて飽きません。勿論決める時の凛々
しさはノーブルさに溢れていて、これで長谷川くんのファン急増かも。

またこの若手キャストのアクシデントも思わぬリアクションも受け止め続けて
いる鋼太郎さんの動きも一つ一つが魅力的で、主役3人に劣らず(ヒアローは
ほぼ悲劇の人なので)笑いを巻き起こしています。
この日は引き出されたドン・ジョンの部下、ボラキオたちを詰問するシーンで、
井手さんの頭を叩いたら(これは毎回)、井手さんがいつも以上に繰り返し
リアクションしたらしく、さすが百戦錬磨の鋼太郎さんも笑いを押さえきれ
なかったのか、しばらく次のセリフが出てこなくなってましたし、ラストは
お客さんの手を握ったままで客席フロアに落ちてましたしで、鋼太郎さんに
とってもかなりスリリングな舞台になっていそう。

相変わらず細かいセリフミス(ビアトリスとベネディックを逆に言ってしまった
り)やタイミングミス(ビアトリスの「お腹が減ってないんですか」と指を
差し出すところで空振り)、誰かの衣装が床に落ちてしまったり(ドン・ペドロが
ボラキオたちを尋問したシーンの後、白いネクタイのようなものが落ちていた)と、
結構バタバタしたままな部分もありますが、ヒアローが父・レオナートに無罪を
訴えるシーンやビアトリスがヒアローの事を思ってベネディックに「クローディオを
殺して」と頼むあたりは何回見てもホロッとさせられました。

それにしても「人間はそれがあるうちはその大切さに気づかず、失って初めて
失ったものの大切さに気づくもの」と言う神父のセリフは深い示唆に富んで
いますし、また背景にある男女における社会通念は古風そのものですが、
情報の受容とかコミュニケーションの力とか、人間の在りようにおいて共感
できるものが多く(役者さんが無理に古典古典せずやっているからでしょう)、
とにかく面白い舞台でした。

ポストトークはできたら別項で。

|

« 歌舞伎座建て直し閉館 | トップページ | 「天地人」新キャスト。 »

「舞台一般」カテゴリの記事

「蜷川さんの舞台関連」カテゴリの記事

コメント

かのこ様
日曜日に、最初で最後の『から騒ぎ』を見てきました。かのこ様は4回ご覧になったのですね。すごいです!!

2階席でしたが、舞台に近く感じましたし、台詞もほとんど聞き取れました。舞台全体を見たり、照明の美しさを感じには良い席でした。オールメールは第1弾から見ていますが、今回も楽しかったです。高橋洋くんが出演していないのだけが残念でしたが(今回の演目だと、高橋君の役はなかったのかも)、たくさん笑って元気をもらって、大満足です。

今回、長谷川君のかっこよさを再認識しました。教会の祭壇前で新婦を振るなんて、普通なら許せない裏切りなのに、彼の場合はそれだけヒアローを愛しているのだと思えて、なぜか許せてしまう。。。昨年の『シェイクスピアソナタ』で切れる若者役の彼を見て以来気になる存在でしたが、これほどステキだとは。。。立ち姿、本当にきれいでした。

かのこ様のコメントに『じゃじゃ馬馴らし』を!とありましたが、私も、ぜひオールメールで『じゃじゃ馬馴らし』を見たいと思い、いつもアンケートに書いています(藤原竜也くんもオールメールに出てくれないでしょうか)。

長々とお邪魔しましたが、ポストトークのリポートも楽しみにしています。

投稿: Mickey | 2008.10.22 13:44

「じゃじゃ馬ならし」のカタリーナを、高橋一生の娘役で観たいと思った方がここにもいらしたとは! 
高橋君、せっかく女性役をマスター?されたようなので、もう一回くらいは女性役で観てみたいですね。

投稿: ロト | 2008.10.22 17:40

Mickeyさま
長谷川くんは本当にこの1年でぐっと来た感じですね。
最初見た「AOI」初演では麻実さんに圧倒されっぱなしの若い俳優さんって感じだったんですけど。
文学座の「赤い月」のあたりからたたずまいが良い
なあと思っていたので、「キッチン」で蜷川さんの
作品参加と聞いてわくわくしたのを覚えてます。
来年の「冬物語」のフロリゼルも純粋な青年役ですし
楽しみですね(^^)/
(個人的には横田さんファンなので、その息子役が
 長谷川くん?とびっくりしてるんですが)

「じゃじゃ馬ならし」、いいアイディアですよねえ!(^^)!
 

投稿: かのこ | 2008.10.22 23:26

ロトさま
支持?いただいてありがとうございます!(^^)!
ではビアンカは?月川くんじゃ上手くいきすぎだし。
個人的には三浦春馬くんとか女の子にしたら
相当可愛くなりそうな気もするんですが・・・。
一生くんのは、見たらもう普通ですけど、これまでの
オールメールのを見返すとやっぱり凄いですよね、
「女の子」っぷりが(^^ゞ

投稿: かのこ | 2008.10.22 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歌舞伎座建て直し閉館 | トップページ | 「天地人」新キャスト。 »