« 「蜉蝣峠」出演者変更! | トップページ | 秋ドラマ »

2008.10.17

「万作を観る」を観る

Mansaku


万作さん喜寿の記念公演は、2日違う演目で、いずれも能も付く豪華版。
初日は一門の「猿唄」、万之介さん&石田さんの「酢薑」、万作さん&萬斎
さんに三宅右近さんによる大曲「花子」、そして半能「石橋」三つ臺の小書付を
喜多流の粟谷能夫さんシテと言う番組。

「猿唄」は「靱猿」の「替の型」の時に謡われる長い曲。去年「替の型」上演で
謡われたのを聞いた筈ですが、かわいい子猿さんの動きなしで単独でじっくり
聞くと随分凝った内容だと気づきました。
「酢薑」はいわゆる地口合戦。ただし然程険悪なムードにならないのが、
「膏薬練」や「鍋八撥」と違ってほんわか感じ。

次がいよいよ万作さんの「花子」。

歌舞伎でしばしば上演される「身替座禅」の元として知ってはいたものの
正直、万作さんの「花子」を生で拝見できると思っていなかったので、とても
楽しみにしていました。
妻役の萬斎さんは濃紺?に白(シルバー?)の立涌に花丸が散りばめられた、
女性の役柄にしてはくっきりとした印象の装束、万作さんは登場は薄茶
(ベージュという感じでしょうか)の地に不規則な雲形を抜いて中に銀杏か
何か細かい木の葉のような柄が深緑で散らされた素襖といずれもあまりお見かけ
しない豪華なもの。また「朝がえり」のスタイルは下が朱、上に紫っぽい茶
でしょうか、いずれも渋い中にも華やかなご装束でした。
全体は浮気の偽装工作に失敗する夫とキレた妻のバトルですが、その浮気の
顛末を妻が聞いていると知らずに語る夫の謡が見どころで、かなり艶っぽい
話ながら、さすがに万作さんがされると品が良いし、生々しくならないですね。
萬斎さんの妻は、ここまで強烈にわわしい奥様役っていうのは拝見したことが
なかったのでとても新鮮。
着物を被ったまま「いやいや」とかぶりを振るところでは力が入り過ぎて着物の
袖だけでなく本体もぎゅっと右に振られてしまってましたが、夫の自慢話を
聞かされる間、手指ひとつ動かなかったのには驚きました。
また、三宅さんが演じる太郎冠者がとても味わい深くて、夫婦二人のバトルに
良い感じに絡んでいたのが印象的。
特に身替りになっていたのが妻に知れ、責め立てられるところ、妻が足踏みを
する度に床についた手がビクビクするところは、万作家では余り強く感じない
写実性を感じましたし、妻が提案する身替わりの「交替」を「頼うだ方に怒ら
れる」と渋るものの、妻に「大丈夫だから」と言われると、コロっと妻の言う
通りにする要領の良さなどを声の雰囲気一つで表現されていて、とても生き生き
した太郎冠者でした。

休憩をはさんで半能「石橋」
三つ臺の小書き付きということで、わずかに間を空けて並べられた二つの一畳
台に橋渡しをするように上にさらにもう一つ一畳台が積まれたのですが、見る
限り普通に重ねただけ。
これに面をかけたシテが床からいきなり飛び上がったり飛び降りたりするので、
足元の視野を考えたらとても人間技とは思えませんし、凄い迫力でした。
また、アイの小三郎さん、以前より随分お痩せになった印象ですが、張りの
ある声で狂言方の語りの芸をいかんなく発揮されていましたし、囃子方では
笛の松田さんが会場の乾燥のせいなのか、ずいぶん大変そうでしたが、ラスト
近くの音色は迫力満点でした。
それにしても友枝さんを含む8人の地謡、森さんのワキと本当に豪華な顔ぶれ
での上演、能はまだまだ理解不足の私ですら、半能ではもったいないと感じた
ほどあっという間で、せっかくならフルバージョンを拝見したかったかも・・
でした。
それにしても、シテの金色の面は「オペラ座の怪人」みたいでしたし、
クルンクルンの巻き毛の赤い毛は相当インパクトがありました。

ところで今回は記念公演ということで、番組と解説(謡部分など)、寄稿文
(今回は平岩弓枝さん)をまとめたリーフレットが上質な和紙(檀紙というので
しょうか、祝儀袋などにも見かけるちりめん状の凹凸のある厚手の紙)に印刷
され、屏風のように折りたたんだ特殊な形状だったのですが、これを上演中に、
立つ音も気にせず何度も広げて見たり戻したりを繰り返す方が近くにいて、
とても気になりました。
まあ主催者からの配布物ですし、2日分の日程を裏表に印刷してあったので
どこに何が出ているか分かりづらかく探すのに時間がかかったのは確かですから、
ご当人だけの非があるとは言いませんが、もう少し音を立てないようにめくる
とかできないものかなあと思いつつ。
しかも演能中に隣のお友達とひそひそと話も繰り返すので集中力半減。
舞台を見るのと、家で感想や突っ込み、疑問を口にしながらテレビを見るのとが
同じ感覚なのか、それもほとんど無意識になっている方は結構いて、最近劇場で
観劇していると、しばしばこういう事に遭遇するので一人勝手にイライラして、
一人勝手に疲れています。

|

« 「蜉蝣峠」出演者変更! | トップページ | 秋ドラマ »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこさま
「万作を観る」の二日目を見に行きます。かのこさまのコメントを参考にしつつ、気合いを入れて見てきます。また、お便りいたします。
マスミ

投稿: マスミ | 2008.10.18 00:18

マスミさま
2日目は演目が違って、日曜日ですので裕基くんも
出演ですね。
楽しんでいらしてください(^_^)/~

投稿: かのこ | 2008.10.18 08:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「蜉蝣峠」出演者変更! | トップページ | 秋ドラマ »