« 「横浜狂言堂」10月公演を観る | トップページ | 「から騒ぎ」、オールメールだからこそ、このセリフ。 »

2008.10.14

「万之介狂言の会」を観る

国立能楽堂。
Mannosuke


20回記念、万之介さんの古稀記念と言う事での「翁」で、万之介さんの「三番叟」
万之介さんの三番叟はリーフレットのご本人の文によれば40年ぶりだとか。
かなり貴重な舞台ですし、翁に四郎さん、千歳に昌司さんもご出演との事で
楽しみに伺いました。

面箱は高野さん、後見に万作さん&深田さん。
囃子方は笛が一噌仙幸さん、小鼓頭取に大倉源次郎さん、大鼓に亀井広忠さん。

私が見たことのある「三番叟」は切れ味抜群の萬斎さんのものと、姿と声が
美しい万作さんのものばかりでしたので、万之介さんのは随分印象が違いました。
一言で言えば「無重力の三番叟」。
萬斎さんのように、気合いとか迫力で囃子方とジャズのセッションのように
渡り合うのではなく、烏跳びも含めてふわりと舞い降りた浮遊する三番叟でした。
とは言いつつも面をかけての面箱とのやりとりの声の力強さ、緩急をつけた足の
運びなどは、普段飄々としたイメージが強い(すみません、万之介さん!)分、
逆に印象深く、ふっとこちらの背筋の伸びるような、不思議な感覚でした。

萬斎さんご出演の「小傘」は所用あって見ずに能楽堂を後にしました。

|

« 「横浜狂言堂」10月公演を観る | トップページ | 「から騒ぎ」、オールメールだからこそ、このセリフ。 »

「能&狂言」カテゴリの記事

「野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
この公演の情報を知った時には、
すでにプレイガイドではチケット完売。
初めて観た狂言で一番最初に観た万之介さん、
そのかわいらしい雰囲気にこちらで勝手に親しみ
を感じていたりします。
そんな万之介さんの「無重力の三番叟」、
私もとっても観たかった、、、かのこさんが羨ましいかぎりです。

投稿: とぐろ | 2008.10.14 19:09

とぐろさま
最初にご覧になった狂言が万之介さんだったの
ですか!(^^)!
たぶん「踏む」という「三番叟」の意味合いからすると少し弱めだったかもしれませんが、ミニマムの力のようなものを勝手に感じていました。
ちなみに文章によると「釣狐」や「花子」も回数は
あまりなさっていないとのこと、こちらもまた
どこかでチャレンジ?していただきたいですね(^^)/

投稿: かのこ | 2008.10.15 07:10

かのこさま
万之介さんの三番叟、拝見しました。かのこさまのコメントの通りでしたね。私は、実は、ハラハラしながら見ていたのです。去年の会の後で、万之介さんからお話をじかに伺って、三番叟のことを伺っていたのですが、やはり実際に拝見すると、最後まで持つのかなぁ…なんて思っちゃったのです。それが、きちんと終わられて、実に、ほっとしました。無重力ってよい表現ですよね!
小傘はご覧になっていないのですか。たしかに、正面席の後ろの席のかたが、翁だけで帰られていましたが、かのこさまってその席でしたか?
私にとって、小傘は初めてですが、結構面白かったです。では、また。
マスミ

投稿: 吉田マスミ | 2008.10.15 22:57

マスミさま
残念ながら正面席では拝見してませんでした~(^^ゞ
「小傘」は一時期何度もなさっていたのでずいぶん拝見
してますが、あの「な~も~だ~」がどうしても癖に
なりますね(^^)/

投稿: かのこ | 2008.10.16 07:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「横浜狂言堂」10月公演を観る | トップページ | 「から騒ぎ」、オールメールだからこそ、このセリフ。 »