« 西武ライオンズ、優勝。 | トップページ | 「イッセーオカダ〜空箱」チラシ »

2008.11.11

「山の巨人たち」で私が怒っている理由(番外編その2)

「某日観劇録」にエントリーされた世田谷パブリックシアター「1945」テレビ
収録での不愉快な体験について、その担当会社が、私が延々と(我ながらくどい
とは思うけど…)書き続けている「山の巨人たち」光漏れトラブルと同じ某公共
放送関連会社N社によるものだと言う事を昨日エントリーしましたが、「某日〜」
には早速、制作担当者より「fringeを見て〜」と謝罪のコメントが寄せられて
います。

この公演はアッカーマンさんのthe Company企画、阿佐スパ公演などを手がける
ゴーチ・ブラザース制作(最近は「能楽堂シェイクスピアシリーズ」もここ)
ですので書かれた方の所属は良く判りませんが、少なくともこの素早い対応には
敬意を表したいと思います。

翻って“わが”新国立劇場制作は当日担当A氏と口頭で話はしましたが、以降は
営業F氏に丸投げで、謝罪及び今後の改善策の文書化について提案以降、なしの
つぶてです。

勿論繰り返しますが「改善策」などいくら叫んでも、私の当日の観劇が正常な
形で戻る訳ではありません。
しかし翌日に速攻似たような客軽視のエンジニア魂を優先させてしまうような
行為を繰り返してしまう事が「証明」された以上、制作会社はアテにならない
ので、少なくとも劇場側に、今後これを繰り返さない毅然とした管理体制と
取ると言う言質がなければ、例えば来年の「ヘンリー六世」三部作など、珍しい
公演ですからカメラが入るに違いなく、こちらも懲りずに見に行こうと考えて
いる以上、またこんな愚行と生産性の低いやり取りが繰り返されるのではたまら
ないので、今回はきちんと最後まで見届ける必要があると改めて感じています。

・・・・しかし、なんか疲れます。早く終わりにしたいです・・・

|

« 西武ライオンズ、優勝。 | トップページ | 「イッセーオカダ〜空箱」チラシ »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西武ライオンズ、優勝。 | トップページ | 「イッセーオカダ〜空箱」チラシ »