« 「山の巨人たち」で私が怒っている理由(その2) | トップページ | 日本シリーズ »

2008.11.02

「山の巨人たち」で私が怒っている理由(その3)

新国立劇場の録画カメラからの光漏れについての終演後のスタッフの
呆れた対応は前回の通り

今回は翌日の営業担当F氏からの電話とその後。

F氏からあった電話は、当日いなかった撮影した会社の責任者が話をしたいと
言ってきたので電話番号を知らても良いかとのこと。もちろん話は聞きたいので
了解すると、ほぼ1時間半後、某公共放送関連会社責任者H氏より電話。

H氏「当日は撮影が重なり(先方の勝手な事情)、更に下請けC社に出していたが、
   舞台撮影には実績ある会社なので信頼していた」
私「こんな状況で客席内にカメラを設置して客に迷惑がかかるとは思わないか?」
H氏「最終的にどんな形で撮影したか知らなかった」
私「責任者なのにそれでokなのか?」

まあ実際の現場を知らないままだった責任者にいくら言っても仕方なし。
一応事情を説明し、劇場側の抗弁についても話すと、さすがにカメラマンから
話は聞いていたようですが「そんなでしたか」と言っていたので、ご本人たちの
認識はかなり甘かったような印象でした。
H氏からはチケット代を支払うと言われたが、責任は最終的にokを出した主催者で
ある劇場側にあると考えているので、お申し出だけでお断りしました。
全体にはきちんと対応して貰った印象はあり、話を打ち切る。

にしても酷いのは劇場です。
だいたい舞台セットが見切れても席の移動をしてくれる劇場がある中で、客席に
大きなカメラブースを設置(撮影カメラが入る事は当日初めて判った事で事前
告知なし)、更に事前にテストしたと言いながら、結局光は漏れる程度の対策
(布を被ったのは劇場側からの指示とA氏)で、客に何の配慮もなく開演した
甘さ。

更に「次回から気をつける」と言えば客が納得すると思った企画制作担当者。
こんな不愉快な思いをした挙げ句に、次回の撮影日にまた私がわざわざ見に
行くとでも?と笑ってさえしまいました。
判っていたらチケット取る段階で避けます。
(カメラ撮影を事前告知するのは、私が行く劇場ではコクーンとSeptくらい
しか知らないのですが、どうなっているのでしょうか)
またもう一度来てくれと言われてすぐ都合がつくほど暇もなし、です。

H氏からの電話の内容をF氏に連絡するも「もう帰社」とのことで、翌日昼に
再度電話。H氏との内容をきちんと把握してから折り返すとF氏より。
N氏の暴言についても含めて劇場側からのきちんとした対応をお聞かせ
いただきたいと告げ、返事を待っています。

にしてもあの光漏れ、私よりさらに下手、カメラ後ろや近くにいらした観客は
どなたも不快に感じなかったのか、我慢強いのか、新国立はこんな感じと
慣れてしまっているのか…。
私だけがイライラしていたのだとしたら、それはそれで何か嫌かも。

|

« 「山の巨人たち」で私が怒っている理由(その2) | トップページ | 日本シリーズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

コメント

かのこさま
新国立劇場へのクレームは尤もだと思います。(私はその芝居を見ていないのですが…)とにかく、いろいろな面で、国税を使っているせいか、良い面もあるけれど、結局は役所仕事という感じもありますよね。私は、オペラを見ることが多いけど、今回の「近代能楽集」なんかは、ハナから見る気もしなくて…。オペラなんかは、主役級の人たち、本当にきちんとリハーサルしているんだろうかと思うくらいの、アンバランス振りです。
そんなひどい撮影の場面には、まだあったことはないけれど、オペラシティの「第九」では、演奏者に打診もなくチラシを作ったことがあったのです。本人を知っていたので、「聴きに行きますよ」って言ったら、「僕は聞いてません」だって…。びっくりして、キャンセルを申し込んだ時も、大変でした。あちこち回されて、結局は、「本人が、聞いていないって言ってるんですよ!」って言って、やっと返金してもらいました。都合により、出演者の変更もあります、なんて書いてあるからって、出演者に打診もしていないなんて…、そんな話もあるんですよ。
負けないで、クレーム付けていきましょうね!がんばれ!
マスミ

投稿: マスミ | 2008.11.02 23:23

何て災難なんでしょうか・・・。
楽しいはずの観劇で不快な思いをされて。

それにしても非常識。
どこまで無神経なんでしょうか。
読んでいてコチラまでムカついてしまいました。

私だったら途中退場してしまったかも。
でも今回のように休憩も無く席の位置関係から
中座さえも難しかったら不本意ながら我慢するかも。
でもそれじゃぁ、観たくて向かった舞台なのに
まるで拷問のようですよね。
こうして書き込みながらも憤りを感じます。

確かに録画が入るというのを事前に知らせてくれない
そんな劇場が多過ぎますよね。
新国立では今までざっと思い返すだけでも
4回も録画の回に当たってしまっています。
今までかのこさんのような体験は無いですが
その都度何だか損したような、複雑な気分になりました。

真摯に舞台を創る役者やスタッフ。
それを観客と結ぶ役割を担う主催者や劇場側なのですから
より高い意識を持って担当して欲しいです。

投稿: minco | 2008.11.03 01:42

マスミさま
励ましのコメントありがとうございます、。

でもマスミさま「出演者本人が知らないうちにチラシ」も相当では?
で、チケットを買われてしまったってことですよね?
う~、それって一種の詐欺なのでは。
クラシックのチケットも安くはないでしょうから
それはちょっと強烈ですし。
ご本人に確認することができただけ、マスミさまは
幸運でしたね。知らずに当日出かけた人がいらしたら・・・((+_+))

投稿: かのこ | 2008.11.03 10:02

mincoさま
私もコクーンで録画日に当たることはありましたが
2席隣にカメラがあっても気になることはなかった
ので、どう考えてもセッティングの問題ではと
思っています。
またカメラテストの段階で光の問題は制作は一度
クレームして布をかぶってもらったと言っているので
その段階でもうちょっと突っ込んで、「でも念のため
お客様の席を移動させるとかは?」と考えてくれても
よかったように思います。
(幸か不幸か席まだ視野範囲全員移動させるのは
 可能なくらい空いていたし)

とりあえず録画日を知るか告知がその両方、避けるか
何かあったら言えるかなど、「今後気をつける」と
N氏発言されたのですから何か具体化の道を考えて
欲しいと思っています。

連休明けに進展予定ですが、どうなりますか。

投稿: かのこ | 2008.11.03 10:07

かのこ様。

なんとまぁ・・・
残念な方たち(←“方たち”と丁寧に言う必要もないですが)を相手に、
心身共にお疲れになった事でしょう・・・。

それにしても
『次回から気をつけます』って・・・
“以後気をつけます”のような決まり文句か?!と。
心から出ていない“とりあえず言っとけ”台詞みたいですよねぇ・・・。

そして『ぜひもう一度』・・・も・・・
“仮に”“もしも”時間的にも気分的にも余裕があってもう一度行ったとします。
それがとっても満足できる舞台内容・環境だったとしても
今回あった事がチャラになるわけではないですし・・・。

被害を受けた観客の皆さんはもちろん、
演じているキャストの方々も気の毒に思えてなりません・・・。
お客さんに楽しんで帰ってもらうはずが
主催者である劇場側のせいでこんな形になってしまって(T-T)

投稿: 抹茶みるく | 2008.11.03 23:29

抹茶みるくさま
コメントありがとうございます。
まあ救いはとりあえず窓口になっているF氏が
まずまず丁寧な対応ことくらい。
まあこういうことにいつまでもエネルギーを使うのも
バカバカしい話なので、何か建設的な結論を引き出して
打ち切りたいと思っています。
しかも来月も新国立見に行くので、またカメラが来たら
とドキドキものです。

投稿: かのこ | 2008.11.04 06:53

『いつ問題になるのか』と思っていました。

それは映像を撮る側に「お客様がチケットを買って見にきている場にお邪魔している」という意識が欠落しているからでしょう。

かのこさまも仰ってるように、カメラの存在が気にならない場合もありますでしょう?出来るだけご迷惑をかけないよう、最前を尽くし撮っている人々もいます。

もっと声を大にしていって下さい!まずは現場の人々の意識を変えて行かなくては。外からの力でないと変えることはできませんから。

投稿: ぷるっぴ | 2008.12.17 14:57

ぷるっぴさま
コメントありがとうございます。
そうですね。映像化については私も賛成ではあるので
やり方、これに尽きると思います。
今後も新国立と撮影に入る(おおむねNHK)の姿勢は
注目し続けるつもりでいます(しつこいといわれると
は思いますが)

投稿: かのこ | 2008.12.18 07:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「山の巨人たち」で私が怒っている理由(その2) | トップページ | 日本シリーズ »