« 「友達」を観る | トップページ | 新春浅草歌舞伎、演目と配役 »

2008.11.13

「山の巨人たち」で私が怒っている理由(その5-2止)

12日に届いた新国立劇場からの文書、以下に引用します。
ほぼこちらからお願いした内容でした。
ただ、コトは企画制作と制作のチェックの甘さに尽きる訳ですが、文書の
差出人は一貫電話担当だった営業F氏名義一人になっているあたり、
劇場側の力関係(もしくは年齢。F氏が一番若手だった)具合でしょうか。

「                                   平成20年11月9日

この度、劇場内にTV収録のために設置されていたカメラの明かりが漏れて
しまった事により、満足にご観劇をお楽しみいただくことが出来なかったことを
非常に申し訳なく存じております。改めてお詫び申し上げます
今回ご不快な思いをさせてしまった原因として、TV撮影に際する当日の体制
及び事前の周知不足があるかと存じます。この点につきまして、改めてスタッフで
見直しを行い、下記の方向で努力・改善をして参る所存でございます。

今回の件につきまして、改めてお詫びの気持ちをお伝え申し上げますと共に、
またのご来場を心からお待ち申し上げます。

☆公演時のTVカメラでの収録について

改善策
1)カメラの設置場所、明かり漏れへのより厳格なチェックに努めます
2)劇場内に掲示するお客様へのご案内については、より表示を大きくし、場内
アナウンスも入れるよう努めます
3)TVカメラが入る可能性がある公演については、ホームページ上で事前告知に
努めます。

                                  担当者署名」

望ましい告知タイミングはチケット発売前で、後から言われても変更できないで
すし、当日のアナウンスは勿論、何か不都合あれば対応しますの心構え表明こそ
必要かと思いますが、まあ一観客に途中でブチきれずきちんと対応して頂いた事
には誠意を感じます。

あとはこれが毎回きちんと遂行されるかですが、幸か不幸か来月の「舞台は夢」
はじめ、来年にかけても新国立は見に行く予定がいくつもあるので、検証させて
頂く事になりそうです。

また文書が届きましたので、このタイトルに関するエントリーを終了したいと
思います。

やれやれ。

|

« 「友達」を観る | トップページ | 新春浅草歌舞伎、演目と配役 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
改善策の内容は、指摘される前から行われていなければならない基本的なことだとは思いますが、、、。
でも、会場側が誠意を感じられる対応をしてくれることが判ってなんとなく安心しました。
そして観客の気持ちを代弁されたかのこさん、お疲れ様でした。
私もかのこさんと同じく「舞台は夢」、来年の「シリーズ同時代【海外編】」等観たいお芝居があるので、会場側がどこまで”努めます”を実行しているかチェックしちゃおうかと思いますっ。

投稿: とぐろ | 2008.11.13 19:21

とぐろさま
コメントありがとうございます。
やや虚しさもありつつ、これ以上イライラするのも
疲れたという感じです。

そうそう同時代(海外編)、気になりますよね!
岡田さんが演出する「タトゥー」だけ仮チラシ
入手しました。
出演者とかだけですけど、吹越さんの舞台って
見たことがないのでちょっと気になってます。

投稿: かのこ | 2008.11.14 08:08

かのこさん、
やっとひとつの決着(?)を迎えられて
本当に本当にお疲れさまでした。

舞台が好きな者にとって
誰もが二度とこんな虚しい思いをしないよう
楽しく観劇できるよう努めていただきたいですね。

それにしても
他公演でも同じようなことがあったり
言い訳というか弁明から解る認識・意識の
温度差に愕然としてしまう事件でした。

私も『舞台は夢』を複数回観る予定です。
今回の書面を拝見した後でも
払拭出来ないマイナスイメージ。
どうか撮影日に当たりませんように
ついついそう考えてしまいます。

投稿: minco | 2008.11.14 17:30

mincoさま
「舞台~」もカメラ入るらしく、とりあえず決まり
そうになったらHPにアップされるとのことなので
チェックしてみてください
(私もなんですけど(^^ゞ

投稿: かのこ | 2008.11.15 08:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「友達」を観る | トップページ | 新春浅草歌舞伎、演目と配役 »