« 葛根湯のCMに「大河内先生」登場 | トップページ | 3時間待って… »

2008.11.08

「花よりも花の如く」5&6巻

Hanano


成田美名子さんの能漫画「花よりも花の如く」の単行本6巻が出たので、買って
なかった5巻とまとめて買いました。

実は1〜4巻は未読。
5巻半ばから、「映画やテレビにも出演して人気」と、ちょっと設定に萬斎さん
入ってない?と勘繰る狂言方・芳年が脇キャラクターとして登場し始めたからで、
6巻ではなんと芳年の紹介で、漫画の主人公がテレビドラマに初出演する事に
なってました。
さらに、ジャズ・ピアニスト兼女優と言う芳年の妹が出てきますが、設定は
ともかく、名前が「葉月」さん(苦笑)

連載の方は読んでないので先は判りませんが、クールでセレブ、狂言方・芳年
さんに今後も注目です。
難と言えば、成田さんの描くキャラクターが、割に見分けが付きにくい事。
服装がシンプルな洋服か揃いの着物だからかも知れませんが。

|

« 葛根湯のCMに「大河内先生」登場 | トップページ | 3時間待って… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

あ、6巻が出てるんですね~さっそく手に入れないと♪
私も知人に勧められて読みだして、今や連載中の『メロディ』にまで手を出してます(苦笑)。
"宮本芳年さん"はもうどう考えても…。
流派は大藏流という設定ですが、回想シーンにて1998年の段階で"TVでも有名な人気者"なので間違いないでしょう(笑)。
ちょっと"不思議くん(?)"なところもそのままかと…。
"妹"の名前では「そこまでやるか」と思いました。
連載の方はただ今、主人公の出演しているドラマの世界がそのまま描かれているので、残念ながら芳年さんの出番はしばらくオアズケです(泣)。
1~4巻もなかなか面白いですよ。能役者の世界が丁寧に描かれていると思います。確かに顔の見分けは慣れるまで少々やっかいですが(苦笑)。

投稿: RICC | 2008.11.08 08:33

RICCさま
確かに「三番三」とか言ってますし、そのあたりは
山本家のを参考にされてるかもしれませんね。
1~4巻、ツタヤで最近コミックもレンタルしてる
ようなので読んでみようかな・・・(買えよって
話ですけど・・(^^ゞ

投稿: かのこ | 2008.11.09 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 葛根湯のCMに「大河内先生」登場 | トップページ | 3時間待って… »