« 「ガラスの仮面」第2部 | トップページ | 「にほんごであそぼ」で『彦市その5』 »

2008.11.25

「狂言劇場」(Bプロ)を観る(ポストトークつき)

今回は「彦市」スクリーン字幕の仕掛が復調したようで、前回見られなかった
「葉」文字の木、「城」文字の城と城門、「殿さん」を拝見しました。
まあ無くても成立していたのを先に見てしまったので、申し訳ないけれど、
なるほど、くらいでしたが。

それよりもやはり回数を重ねての、特殊舞台への慣れやスピード感、ちょっと
した仕草で面白味を増していて、これは「ござる」でも最大3回のリピートとは
また違う、特に今回のように狂言でなく、演劇として成立している作品につい
ては、繰り返し演じられる事が通常の演劇に近い、洗練と言うか、完成度の
高さを獲得しているように思いました。
しかもそれが常に共演しているアンサンブルメンバーですから、プロデュース
作品よりスピードは非常に速いと思いました。
今回は特に月崎さんの天狗の子のキャラが観客の心をつかんでいたような。

ポストトークのゲストは以前「解体新書」にも出演された宗教研究の鎌田
東二さん。
今回のテーマ「うそつき」と、山伏や天狗の歴史的、宗教的、民俗的な成立、
存在意義などについてのお話でした。
(ポストトークというよりも、ほとんど鎌田先生の「講義」でしたが・・)

それでも普通に使っている「道化」や「かたり」という言葉、狂言という言葉も
はたまた山の神が天狗で川の神が河童である事など、いつも舞台で見て
いても深く考えたことがなかった事について興味深いお話でした。

何より萬斎さん得意(って何か変ですが)の「三番叟」について、「烏跳び」は
何故烏なのか、「高く飛ぶだけが能じゃないと言われるんですが・・・」と言う
萬斎さんに「それは飛んでこそですよっ!」と太鼓判を押されて、かなりわが
意を得たりと喜んでいた萬斎さんが印象的でした(そこかいっ!)

ともあれなかなか充実した35分のトークでした。

|

« 「ガラスの仮面」第2部 | トップページ | 「にほんごであそぼ」で『彦市その5』 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ガラスの仮面」第2部 | トップページ | 「にほんごであそぼ」で『彦市その5』 »