« 「リトル・チャロ」ぬいぐるみ。 | トップページ | 萬斎さん、昭和天皇役で民放ドラマ初出演 »

2008.11.19

日経新聞に伝統芸能の後継者記事。

18日の日経夕刊最終面に「幼くして一般から弟子入り」と題した伝統芸能界の
後継者についての記事が出ていました。

副題は「たたき上げ活躍」。
採り上げられていたのは文楽の豊竹咲寿大夫さん、歌舞伎の中村勘三郎さんの
部屋子の中村鶴松くん、そして万作さんのお弟子さんの竹山悠樹くんの3人。

3人は二世でもなく、また所謂養成所(研修生)以外から入ったと言う共通
点があって、咲寿大夫さんは、プロが教えに行っている事で知られる、国立文楽
劇場近くの小学校時代に文楽に出会っての弟子入り、鶴松くんは清水大希くん
名義で出た「野田版鼠小僧」の三太役で評判を取ったのが記憶にまだ新しい、
児童劇団の子役出身、そして竹山くんは、お母様がカルチャーセンターで万作
さんに狂言を習ったのがきっかけとの事。

竹山くんは万作一門なので舞台は沢山拝見してましたが、入門の経緯については
初めて知りました。
いずれも後継者なくして成り立たない世界では貴重な才能。
今後の活躍が楽しみです。

|

« 「リトル・チャロ」ぬいぐるみ。 | トップページ | 萬斎さん、昭和天皇役で民放ドラマ初出演 »

能&狂言」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

文楽ほか伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「リトル・チャロ」ぬいぐるみ。 | トップページ | 萬斎さん、昭和天皇役で民放ドラマ初出演 »