« 不思議な組み合わせのシェイクスピア芝居 | トップページ | 宝生能楽堂で見かけた意外なもの。 »

2008.12.18

「能楽現在形」を観る

宝生能楽堂
今月2度目の「芭蕉」でしたが、やっぱり長かった!。
(いきなり素人丸出しな感想ですが)

つくづく演者さんは良く平気だなぁとも思いましたが、何か一番平気そうに
見えたのが実は大変な筈のシテの片山さん。
「序の舞」のフワリとした感じ、一人無重力なのではと思う程でした。

萬斎さんの間は前回よりサラリとした印象、囃子方3人(幸弘さん、成田さん、
広忠さん)は迫力満点絶好調。地謡は3日に見たのと同じ観世流にも
拘わらず、私の耳には随分と重々しく、ひきずるような謡に聞こえましたが、
気のせいかも。(本当に能には自信がありません)

あれっと思ったのは久しぶりに拝見した玄祥(六郎)さん。
能の前にあった「三井寺」、玄祥さんシテでしたが、てっきり舞囃子と思ったら
初めて見る「居囃子」と言うもので、謡だけで動かれませんでした。
「芭蕉」も後見で出ていらしたけれど、安座されていたような。

それにしてもアンケート用紙の裏に「携帯電源オフ」「拍手のタイミング」を書いて
おくだけでこんなに観客がみな素直に対応できるのには、毎回びっくりします。
何しろ電波入りまくりの宝生でこんなに着信音がしなかったのは凄い。
明記すれば(何故かアナウンスはダメ)守るのだから主催者もどんどん書くべき
です。

プログラムはプログラムと言うより完全な読み物。今回は萬斎さんと片山さんの
対談が目一杯掲載されていました。

ちょっと面白かったのは、京都の片山さんがあくまで標準語(イントネーション
までは再現されてないのでわかりませんが)なのに、萬斎さんの方にところ
どころ大阪〜京都方面の言葉が入っていた事。
まあ関西の人と話していると私でもまま起きる「現象」ですが。

|

« 不思議な組み合わせのシェイクスピア芝居 | トップページ | 宝生能楽堂で見かけた意外なもの。 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこさま
「芭蕉」は、長かったけどよかったですよね…。片山さんを見直しました。萬斎さんがかすんだくらいですから。仰せのとおりに、まるで無重力のように美しく舞われましたね。感動しました。あまり感激したので、ついつい飲んでしまいました!!
 三響会の時も感じるんだけど、宝生での、拍手等のコメントは、立派だと思います。いつもあのおかげで、すっきりとした気分で帰れますよね。
 かのこさま、能は弱いどころじゃないですよ。もうすぐ、はまっちゃいますよ。でも、それじゃあ、忙しすぎるかなぁ。
 また、素敵なコメントをお願いします!
マスミ

投稿: マスミ | 2008.12.21 22:15

マスミさま
片山さんのは前回国立能楽でみた山本さんのに比べると
凛とした気品を感じました。
シテの年齢で違うというのは能ではありえない話かも
しれませんが、山本さんのはもう少しどっしりした
(地謡は軽かったのですが)動きだったような気が
しました。
それにしても風邪気味だったせいもありますが、
今回もところどころ記憶を失ってましたので、あの
長時間、まったく『落ち』ないで見られている見所の
ほとんどの方を私は尊敬しています。

投稿: かのこ | 2008.12.21 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不思議な組み合わせのシェイクスピア芝居 | トップページ | 宝生能楽堂で見かけた意外なもの。 »