« 「95kgと97kgのあいだ」を観る | トップページ | 「南座三響会」開催 »

2009.03.28

「F1オーストラリアGP」予選は驚きのブラウンGPフロントロー独占

いや、びっくりしました。
やっぱりホンダエンジンよりメルセデスなのか、って言うか、コバライネン、
ハミルトンの同じメルセデスエンジンのマクラーレン先輩コンビが2ラウンドで
ノックアウトされてるのに何で?と思ってしまいますね。
またこう易々と結果を出されては、もがくトヨタには堪らないでしょうね。

さすがにブラウン、只者ではない事はフェラーリ時代から判ってた事ですが、
一番気分複雑なのは、ブラウンとフェラーリ黄金時代を築いた、フェラーリ
アドバイザーのシューマッハかも。

そのフェラーリは完全に普通のチームに成り下がってしまった雰囲気だし、
マクラーレンがシーズン前半にマシントラブル続発させるのも数年前までの
お約束が復活しただけで然程珍しい話でもなし。

明日の決勝はどんな劇的な結果になるか楽しみです。

|

« 「95kgと97kgのあいだ」を観る | トップページ | 「南座三響会」開催 »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「95kgと97kgのあいだ」を観る | トップページ | 「南座三響会」開催 »